2017年03月20日

夢野久作 「犬神博士」

3月13日、箱崎公民館であった「ハコザキ夜読」。
第一部は杉山満丸さんの「夢野久作と箱崎」という講演でしたが、
第二部は夢野久作の「犬神博士」の読書会でした。
予約も準備もできなかったわたしは参加できませんでしたが、
本日「犬神博士」を読み終えました。

犬神博士 (角川文庫) -
犬神博士 (角川文庫) -

なんて、面白い小説!
ど、ど、ど、どうっと読み上げてしまいました。
犬神博士の本名は大神二瓶(にへい)。
神通力のある犬神博士にどうしてその力を得たのかを
新聞記者に聞かれ身の上話をすというのがこの小説。
明治の半ば、犬神博士が7歳のとき、
チイと呼ばれていたころの話です。

チイは大道芸人の両親に攫われて育てられ、
男の子でありながらオカッパ頭の女の子を格好をさせられ、
卑猥な踊りを踊って各地をさまよっていました。
博多の町に来たとき猥褻罪で警察に捕まり、
保護されたときに悪どい両親を健気にもかばい、
県知事に見込まれます。
県知事が引き取って面倒を見るというので両親はチイを連れて逃亡。
炭鉱で盛んになった直方に行きます。
泊まり込んだ木賃宿で主人のイカサマ賭博士にしてやられ、
両親はチイを差し出す証文を書かされ、今度は宿に火をつけ逃亡。
折り悪く台風の日でチイは一人船に乗り川を下り、
武芸の達人の老医師に救われ保護されます。
チイを取り戻したい県知事と、
筑豊に手を伸ばしてきた玄洋社の社長との切ったはったの大喧嘩に巻き込まれ、
その場から逃走するところで小説は終わります。
興味深いのはチイという美少年。
県知事も玄洋社の社長も警察もヤクザもものとのしない7歳児は
恐るべき洞察力のあるただならぬ子ども。
炭鉱でいざこざがあれば困るのは直方の民衆と、
なんとかしようとするチイは声を出せない民衆の代弁者。
ズケズケと思ったことを口にし、悪を許しません。
明治の炭鉱の利権争いを痛快にかっ飛ばす冒険小説でもあります。
異型の子どもチイは神なのでしょう。
今、利権に群がっているのはだれ?
チイ、こと犬神博士に現れてもらって、
悪い奴らを叩きのめしてほしいです。
posted by 理乃 at 16:05| Comment(0) | ★図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カカオロマンスのカレ・ド・パティスリー

浄水通りの老舗ケーキ屋さん、
カカオロマンスの定番商品「カレ・ド・パティスリー」をいただきました。

DSC_1310.JPG

小麦粉をまったく使わないケーキ。
層になったココア生地と生クリームが絶妙。
甘すぎず、しっとりして美味。

DSC_1313.JPG

誰もが好きなチョコレート味です。
カレ・ド・パティスリーって、お菓子さんの正方形って意味です。
posted by 理乃 at 12:15| Comment(0) | ★スイーツが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

筥崎 鳩太郎(きゅうたろう)商店

3月1日の卒業式のあと、
同僚の先生と筥崎宮前の鳩太郎商店でお茶して帰りました。
右隣にあるナガタパンにパンを買いに行ったとき
お隣にできていたこのお店が気になっていたのです。
チャンス到来!
奥に長い町家の造り。
以前の建物をリフォームして町家っぽくしています。
昼と夜で茶房タイムと酒房タイムに切り替わります。
鳩が八幡神の使いであることが店名の由来。
オーダーしたメニューには、
ここの名物「てつはう餅」(鉄砲餅)がついています。

DSC_1125 - コピー.JPG

どうしててつはう?
てつほうは元軍の武器。
元寇のとき亀山上皇は「敵国降伏」を祈願して、
神門に「敵国降伏」の扁額を掲げました。
地域の歴史に根ざした和のスイーツなんですね。

DSC_1128 - コピー.JPG

窓そばに梅の花が咲いていてかわいい目白が二羽、
しきりに蜜をついばんてました。
いつか酒房タイムにも行ってみたいです。
posted by 理乃 at 12:38| Comment(0) | 福岡市東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

那珂川町の初御代桜(はつみよざくら)

M氏が満開だと知らせてくれたので、
那珂川町の初御代桜の撮影に行ってきました。
裂田(さくた)の溝(うなで)から5分くらい山手に行ったところ。
以前から見たかった花の一つだったんです。
でもなかなかチャンスがありませんでした。
今回は自由な時間が取れました。
裂田の溝に設けられていた駐車場に車をとめ歩き出すと、
山裾に桃色の帯が見えました。

DSC03354 - コピー.JPG

そこだけの桃色がとてもすてきでした。

DSC03348 - コピー.JPG

雄しべの花糸が紅色でかわいい。

DSC03332 - コピー.JPG

静かな里山。大好きです。

DSC03326 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 22:17| Comment(0) | 福岡県筑紫郡那珂川町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

『真田幸村 紅蓮の炎燃え尽きるまで』 大澤俊作

真田幸村―紅蓮の炎燃え尽きるまで -
真田幸村―紅蓮の炎燃え尽きるまで -

1月21日に玄海椿さんの一人芝居「ロックンロール黒田官兵衛〜私が愛した天才軍師」を観劇した。
スト−リーがしっかりしていて、とても面白かったので、
出口で脚本を書いてギターの演奏もされていた大澤俊作さんの
「真田幸村 紅蓮の炎燃え尽きるまで」を買った。
大澤さんはNHKの大河ドラマで黒田官兵衛が取り上げられる前に、
官兵衛の本を書き、真田幸村が取り上げられる前この本を出版されている。

話は真田家の勃興から語られる。
幸村の祖父、幸隆は武田信玄軍の先鋒として暗躍。
信玄が結核で亡くなるった直後、62歳で亡くなる。
幸隆の子、昌幸は武田氏が滅んだ後信長に従うが本能寺の変で信長が亡くなると、
混乱する時代の中で主家を次々と変えていくのはドラマでも周知。
やがて秀吉の臣下となり、徳川家とは嫡男信幸が養女の小松姫と結婚し親戚となる。
慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こり、
昌幸と次男の幸村は西軍に、息子信幸は東軍につく。
東軍は破れ昌幸と幸村は高野山山麓の九度山に謫居。
そこで昌幸は亡くなる。そして慶長19年に起きた大坂の陣で幸村は討死。
戦乱の世で主家を変え翻弄された真田家。
けれど信幸を徳川方にしたため、真田家はその後も存続する。
その戦いぶりで後世に名を残した幸村。
この本は幸隆から幸村が亡くなるまでを追う。
特徴は家康に替わり天下取りを狙っていた伊達政宗と通じていたというところ。
忍者が暗躍するのも面白い。
作者が自らの思いを幸村に語らせるシーンが
この小説を書いた意味ではないかと思う。

「某のように『死』にしか、生きることのできない人間が数多いるこの悲しい時代をいかばかりか世に問いかけたいのでござる」

阿鼻叫喚の戦場。流された夥しい血。
主君のためにある生。
戦国時代に魅入られながら、戦国時代を批判する書であると思う。
posted by 理乃 at 14:57| Comment(0) | ★図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

バインコム

珍しいベトナムのお菓子をいただきました。

16684040_1184170318367679_3959977178272963608_n.jpg

バインコムといいます。
鮮やかな緑にびっくり。

16508644_1184170315034346_3846736590118054459_n.jpg

なんだか検討がつきませんでしたが、
早稲のもち米だそうです。
もち米って早稲でも食べられるんですね。

中に白餡みたいな餡が入ってます。
これも謎。
食べたことのない味です。
緑豆から作った餡だということ。
餡の中にはサクサクする繊維質が入ってます。
??
正体はココナッツでした。

バインコムはハノイのお菓子。
結婚式でも出されるそうです。
「NGUYEN NINH」というメーカ−のが美味しいらしいのですが、
このメーカーのも美味しかったです。
posted by 理乃 at 13:56| Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

「木漏れ陽」

先日、三瀬トンネルを越えたところにある「木漏れ陽」というお蕎麦屋さんに行ってきました。

DSC_1016-2 - コピー.jpg

このお蕎麦屋さんの特徴は蕎麦の芽を出すこと。
ざるそばの横に載っているし、トッピングに蕎麦の芽の天ぷらもあります。

DSC_1021-2 - コピー.jpg

DSC_1023-2 - コピー.jpg

つるつると喉越しのよいお蕎麦、おつゆも嫌味なし。
お蕎麦は自家製。
ガレットもありました。

DSC_1024-2 - コピー.jpg

上合瀬の集落の中にあるたたずまいも和みます。

DSC_1018-2 - コピー.jpg

◆木漏れ陽
佐賀市富士町上合瀬453-1
TEL:0952-57-2873
11:00〜17:00
水曜定休(祝祭日は営業)
※地域行事の日も休み
posted by 理乃 at 22:08| Comment(0) | 佐賀県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

筑紫野ゆめ畑の「ゆめ天屋」

病院の付き添い帰り、母と筑紫野ゆめ畑の「ゆめ天屋」で日替わり定食。

16387217_1173528532765191_2684177676026931990_n.jpg

白身魚と豆腐の天ぷら、ふっくらして、甘いあんかけだれも美味。
メンタイ入りの卵焼きもおいしい。
これで550円。
posted by 理乃 at 16:12| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

沈黙ーサイレンスー

マーティン・スコセッシ監督の「沈黙ーサイレンスー」を見てきました。
隠れ切支丹の里巡りのときに読んだ遠藤周作の「沈黙」。
外国の監督が日本の物語をどう撮るのかと思いましたが、
かなり原作に忠実で、時代考証も衣装も違和感なく素晴らしかったです。
主役の宣教師よりも、隠れ切支丹の人々、そしてそれを弾圧する人々が印象に残りました。
日本の俳優たちがとてもよかったからです。
十字架に掛けられ海の波に呑ませる拷問シーンをリアルに演じる役者たち。
圧倒的に貧しい農村。
搾取されるために生まれ、生きて、キリスト教に救いを求めた人々。
弾圧の苦しみの中で神はなぜ救わないのかと問い続ける主人公。
弾圧側の井上筑後守はキリスト教は根付かない、この国は沼なのだと言います。
示唆するものが多く、しっかり撮られた映画。
神はどうして救わないかという命題よりも、
あの入江の貧しい村々で人々が信仰に生き、または惑い、
弾圧する者がいて、転んだ者がいて、
その中には宣教師もいて、日本名を与えられ、
妻も娶り、静かに生きて亡くなったという事実のみが
重く迫ってきました。
posted by 理乃 at 00:57| Comment(0) | ★CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

筑紫野温泉アマンディ

筑紫野アマンディの中に県境が。

16195206_1164628796988498_1254980475774960378_n.jpg

こういう場合、法人税とかどっちの県に払うのかしら??

昨晩、筑紫野アマンディに行ったのですが、
ここの和風は近隣ではベスト・ワンでした。
広くて人が少なくて、和風の露天の造りが自然を模して
とても落ち着き、山奥の温泉に来たかのよう。
洗い場も個別に仕切りがあるし清潔。
全体がシックなトーンのインテリア。
ロッカーや靴箱にいちいちコインを入れるシステムではなく、
後払い。
キーにバーコードがついていて、
飲み物はそのバーコードをかざせば買えます。
人が多すぎては落ち着けない温泉。
ここは利用率が多くなりそうです。
posted by 理乃 at 11:47| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする