2020年06月01日

モンテ・パラティーノ@筑前町

ローマの七丘のうち、最も古いパラティーノ。
そんな名前がついたイタリアンレストラン。
筑前町の刈り取りが始まった黄金色の小麦畑を抜けて車を走らせました。

20200601_145750 - コピー.jpg

モンテ・パラティーノは田園に囲まれた集落の中にありました。
美しい緑に囲まれた邸宅レストラン。
出てきたお料理はどれもこれも文句をつけるところのない美味しさ。

20200601_133500 - コピー.jpg

20200601_134014 - コピー.jpg

20200601_134923 - コピー.jpg

パスタは茹で加減もちょうどよく、
トマトソースは抜群に美味しかったです。

20200601_140131 (1) - コピー.jpg

デザートも三種でどれも満足するもの。

20200601_142155 - コピー.jpg

緑に埋没したお庭を眺めているだけで、
癒やされます。

20200601_133742 - コピー.jpg

筑前町のパラティーノはすてきなところでした。

20200601_145717 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:44| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泉都二日市の光

昨日の夜、二日市温泉のアイビーホテル筑紫野で開催された
「泉都二日市の光」に行ってきました。
主催はこれまで温泉街のにぎわいを目指して
数々のイベントを行ってきた「おんせんアートプロジェクト」。
コロナ終息を願ってのイベントです。
今頃の夜の散歩は格別。
それが温泉街であったらなおさら。
逢魔ヶ時から次第に暗さを増していく泉都。
夏目漱石も訪れた温泉街です。

20200531_200352 - コピー.jpg

温泉の湯気のようなオブジェがホテルの下層部に置かれ、
上階には筑紫野カラーの紫がゆらぎました。

20200531_194403 - コピー.jpg

泉都二日市という言葉はかつてJR二日市前の標識に使われていました。
レトロな響きに、逢魔ヶ時にふさわしい情緒を取り戻してほしいと願いました。
posted by 理乃 at 10:52| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

スイカズラ

水城土塁断面広場で咲いていたスイカズラ。

スイカズラ1 - コピー.jpg

「吸い葛」というのは花の奥に蜜があるから。
古の子どもたちは甘い蜜を吸いました。
昔の日本にはお砂糖はありませんでしたから。
別名は金銀花(キンギンカ)。
花の色が白から黄色に変化してゆくからです。
posted by 理乃 at 17:29| Comment(0) | ★花が好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

善一田古墳公園の芝桜

大野城市にある善一田古墳公園。
芝桜の古墳にしようと、植えられた芝桜が見頃です。

20200428_154317 - コピー.jpg

広い古墳公園は高低差もあり、
運動不足解消にもいいです。

20200428_153951 - コピー.jpg

20200428_154149 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:57| Comment(0) | ★古墳らぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

OAUの「OAU」

OAU (通常盤) - OAU
OAU (通常盤) - OAU

映画「新聞記者」で流れたOAUの「Where have you gone」という曲が
気になって最新アルバムを買いました。
仕事の行き帰りも、ずっと聞いています。

ケルトっぽいアコースティティックな、
大人なサウンドがお気に入りです。

「Akatsuki ( 冬が始まる日の暁に降り立つ霧の中に現れた光の輪)」は
ヒースの咲く丘に投げ出されるかのよう。
悲しいような美しさにあふれています。
コロナ禍の世界にあっても、
いつか光の輪は現れると信じて・・・。
ラベル:OAU
posted by 理乃 at 00:59| Comment(0) | ★音楽なしでいられない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

皮付きたけのこ

20200408_205243.jpg

こんなたけのこがコロンとうちにやってきました。
一刻も早く茹でないとアクが出てしまいます。
米ぬかなんてありません。
そこでお米ひとつかみで茹でました。

●皮付きたけのこの茹で方
@皮は少し残して剥く。
A切り込みを入れる。
B鍋に水をたっぷり入れ、お米をひとつかみ(米ぬか替わり)入れて茹でる。
C最初は強火、アクを取りながら、残りは弱火で2時間くらい茹でる。
D茹で終わったら、その茹で汁に8時間以上浸しておく。
E出来上がってすぐ調理しない場合は、水につけて冷蔵庫で保管。水は毎日取り替え、なるべく早く調理する。
posted by 理乃 at 11:56| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

「季(とき)のせ」

宇美八幡宮境内にはハイセンスな和菓子屋「季のせ」があります。

20200410_141459 - コピー.jpg

20200410_142408 - コピー.jpg

20200410_141834 - コピー.jpg

20200410_142931 - コピー.jpg

宇美八幡宮の巨木、クスノキは心身を浄化してくれます。
ラベル:宇美町 季のせ
posted by 理乃 at 13:10| Comment(0) | 福岡県糟屋郡宇美町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

井野山の岩盤水

宇美町のとある電信柱に「天然地下水水汲み場」という案内があり、
気になっていました。
井野山の麓の少々難易度が高い場所にあるのですが、
行ってみました。

20200410_130554 (1) - コピー.jpg

意外にきれいな施設でびっくり。
地域防災協力と書いてあります。
地域を守ってきただろう赤井手観音堂が近くにありました。

20200410_130158 - コピー.jpg

お水は井野山の岩盤(花崗岩)から染み出したアルカリ超軟水。
やわらかなやわらかな口当たりのお水でした。
posted by 理乃 at 17:49| Comment(0) | 福岡県糟屋郡宇美町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

八幡産宮@宇美町

井野山の麓に宇美八幡宮の子安大祭 のときの頓宮、
八幡産宮があり、気になっていたので行ってみました。

20200318_115231 - コピー.jpg

子安大祭は子どもたちの健やかな成長を祈願するお祭り。
二年に一度、御神体を奉載した神輿に稚児の行列がお供し、
宇美八幡宮から700mの頓宮まで御神幸します。
宇美八幡からまっすぐ井野山を目指すと、井野公園があり、
4台くらい駐車スペースがあります。
誰もいないだろうと思っていましたが、
1台分しか空いてなく、
どうやら井野山登山の人々の駐車スペースとなっているようでした。
上まで車で行けるようですが、通行止めになっています。
頓宮の鳥居は巨大なもの。

20200318_115138 - コピー.jpg

貝島太助、許斐鷹介、麻生太吉など、
筑豊の炭鉱王たちの寄進のようです。

石灯籠も立派です。

20200318_115203 - コピー.jpg

建物は内部を見ることはできません。
頓宮の反対側には小高いところにスペースがあり、
大行事、疫神社の石碑、そして木の化石のようなものがありました。

20200318_115822 - コピー.jpg

20200318_115718 - コピー.jpg

20200318_115707 - コピー.jpg

この時期、疫神社にはお参りしたほうがよさそうです。

*宇美八幡宮HP参照
ラベル:頓宮 八幡産宮
posted by 理乃 at 12:57| Comment(0) | 福岡県糟屋郡宇美町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

雉子ヶ尾古墳@大野城市乙金

20200313_134148 - コピー.jpg

雉子ヶ尾古墳に行きました。

20200313_134127 - コピー.jpg

大野城総合公園手前、高速道路直下にあります。
住宅街に現れました。
1300年〜1400年前のものということです。

20200313_134854 - コピー.jpg

右手に石室へ上る道がありますが、
フェンスがあって中を覗くことはできませんでした。

20200313_134824 - コピー.jpg

近くに善一田古墳はあるし、
四王寺山の山裾は古代から有力者たちが住んでいたことが分かります。
古墳の周りには春の野草が咲いていました。

20200313_134219 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 12:50| Comment(0) | ★古墳らぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする