2017年10月21日

小布施堂「くりは奈」

小布施堂(長野県小布施町)の「くりは奈」をいただきました。

DSC_4239 - コピー.JPG

栗餡入りの生落雁。
通常の落雁と違って、しっとりしています。
栗の味がして、美味しいこと!
落雁が苦手なわたしも、これはまったく別物。
お上品なお菓子なので、
このあいだ食器棚の奥から出てきた器に載せてみました。
懐紙は九博の桃山展で買ってきたもの。

DSC_4238 - コピー.JPG

角文字は栗の字です。
posted by 理乃 at 15:16| Comment(0) | ★スイーツが好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

介護デー:ぷち旅 宇美 4 宇美町立歴史民俗資料館 2017.10.17

母とのドライブデーの最後は宇美町立歴史民俗資料館。

DSC_4217 - コピー.JPG

母は疲れていて、ほとんど椅子に座ってました。

ここでは発掘資料から、昭和の生活グッズまで、
宇美町の歴史が学べます。
光正寺古墳という国指定の素晴らしい古墳があることを知り、
次のチャンスにはぜひ行ってみようと思いました。
民俗資料の中にわたしも持っているものがありました。
1960年代のマテル社のバービー人形です。

Barbie2.jpg

女の子だからといって人形を買ってくれなかった父に
どうしてもほしいとねだって買ってもらったものです。
posted by 理乃 at 12:40| Comment(0) | 福岡県糟屋郡宇美町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

介護デー:ぷち旅 宇美 B 宇美八幡宮 2017.10.17

小林酒造からすぐそこの宇美八幡宮へ、久しぶりに行きました。

DSC_4209 - コピー.JPG

DSC_4204 - コピー.JPG

以前行ったときはまったく興味がなかったんでしょうけど、
今回は狛犬をチェック。

DSC_4206 - コピー.JPG

ラブリーな狛犬がいました。
昭和37年建立だから古くはないのですが、
奉納の理由は市長夫妻が全拓連の派遣で南北米を視察して無事戻ってきたお礼のよう。
南北米に移住した人々を訪ねたのでしょうか?

DSC_4207 - コピー.JPG

石工は須恵町の長沢卯平次さん。

DSC_4205 - コピー.JPG

ほかにも狛犬があれば見てみたいもの。

DSC_4210 - コピー.JPG

境内の大楠は素晴らしいです。樹齢2000年以上とか!
神宮皇后ゆかりの地ですからね。
時節柄千歳飴がありました。

DSC_4218 - コピー.JPG

ここの子安飴はやわらかいタイプで、
とても美味しいのですが、
製造は甘木の三松堂。

DSC_4220 - コピー.JPG

中に入っている黒砂糖は三奈木の黒砂糖なのかしら?
posted by 理乃 at 17:31| Comment(0) | 福岡県糟屋郡宇美町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

介護デー:ぷち旅 宇美 A 小林酒造

「ぎんが倶楽部」のあと行ったのは「小林酒造」。

DSC_4192 - コピー.JPG

太宰府の延寿王院に五卿が滞在した折に訪ねて行っていたという話を聞いて、
行ってみたかったのです。

DSC_4199 - コピー.JPG

訪ねてみて、ここが萬代だと初めて知りました。

DSC_4197 - コピー.JPG

銘酒「萬代」は三郡山の伏流水を使用して仕込まれているとのこと。
「酒は萬代〜」というCMソングはいつまで流れていたのでしょう?
耳にこびりついています。

DSC_4202 - コピー.JPG

広い敷地にしっかり残っている古い建物の間を歩いてみたいです。

DSC_4225 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 14:44| Comment(0) | 福岡県糟屋郡宇美町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

介護デー:ぷち旅 宇美 @ ぎんが倶楽部

今日は自前デイサービス。
母と宇美へ出かけました。
まずは昭和の森の入り口近くにある「ぎんが倶楽部」。

DSC_4190 - コピー.JPG

すてきすぎでした。

DSC_4189 - コピー.JPG

建築家のオーナーが自分で建てた山荘風建物。

DSC_4156 - コピー.JPG

ステンドグラス作品も作られ、それがまた色彩を抑えていてすてき。

DSC_4155 - コピー.JPG

DSC_4160 - コピー.JPG

DSC_4180 - コピー.JPG

DSC_4164 - コピー.JPG

ピザをオーダーしましたが絶品でした。

DSC_4167 - コピー.JPG

新鮮なトマトソース、噛むほどに美味しい生地。

DSC_4171 - コピー.JPG

鰯のオイル漬けは自家製。
ルッコラは庭で摘んできたばかり。

DSC_4174 - コピー.JPG

そして焼きリンゴパイもまた絶品。
甘すぎず、サクサクして最高でした。
手作りすることを愛する店。
建物も調度も料理も、何でも自分で作ってしまう、
作ることへの愛が溢れていました。
窓からは風で揺れる木々が見えていて、
そばには渓流が流れ、
夜には銀河が見えるのでしょう。
posted by 理乃 at 23:48| Comment(0) | 福岡県糟屋郡宇美町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

2017.10.9 33年に一度のたびB田中羊羹本舗

田中羊羹本舗さんは以前取材したことがあって、
行ってみると昔のとおりありました。

DSC04607 - コピー.JPG

10月なのに夏日で店頭では氷を出してました。

DSC04608 - コピー.JPG

わたしはお土産用の羊羹を買いました。

DSC04609 - コピー.JPG

以前はなかったキューブ型の羊羹がありました。
いろんな味が入っていて、食べやすいしグッドアイディア!
ほうじ茶と白の羊羹を買いました。

DSC04615.JPG

外側がかたくて、中はやわらかい昔懐かし羊羹です。
パッケージはこのあたりの工芸品のきじ車。
その工房も訪ねて行ったっけ。
昔は華やかな温泉街だったけど、今は鄙びた一帯。
でも面影だけはいつまでも残しておいてほしいなと思います。
posted by 理乃 at 13:58| Comment(0) | 福岡県筑後市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

2017.10.9 33年に一度のたびA長田鉱泉ふれあい館

日本一の天然炭酸水が湧き出ているという長田鉱泉。

DSC04600 - コピー.JPG

長田鉱泉ふれあい館は平成22年(2010)に「コガコーラ」復活に合わせて開店した物産販売所で、
足湯を併設しています。
DSC04594 - コピー.JPG

お湯の温度は低く、いつまでも入っていられます。

DSC04601 - コピー.JPG

ふれあい館の近くには水汲み場の長田鉱泉場があります。

DSC04604 - コピー.JPG

伝説のコガコーラはここでしか飲めません。

DSC04591 - コピー.JPG

コカ・コーラよりすっきりした味わい。

このあたりは以前、取材に来たことがあって、
少し先に内野樟脳があります。
江戸時代から続く内野樟脳は国産クスノキ100%を使用して
昔ながらの製法で天然樟脳を作り続けている日本最古の天然樟脳工場。
工場には九州各地から運ばれてくるクスノキの大木が山積みされていて壮観でした。
ラベル:筑後市
posted by 理乃 at 11:18| Comment(0) | 福岡県筑後市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

2017.10.9 33年に一度のたび@光明寺秘仏御開帳

M氏に何度も勧められていたので、
ぴゅうっと光明寺の秘仏御開帳に行ってきました。

DSC04524 - コピー.JPG

光明寺は729年に行基が開山したとされる筑後市で最も古いお寺です。
33年に一度だけ10月7日から三日間、秘仏の十一面千手観音菩薩を御開帳します。
三日間とも稚児行列や作法披露、お琴の演奏など、行事がいっぱい。
到着したら、運良く行事の合間で本堂には人がほとんどいませんでした。
お厨子の扉が開かれ、
そこに行基作と伝えられる十一面千手観音菩薩のお姿がみえています。
なんという幸運。
すぐ前で拝むことができました。
太宰府の国分寺のご本尊も行基作と言われますが、
二つの仏像は随分違います。
全体的に重量感のある国分寺の薬師如来坐像に比べ、
十一面千手観音菩薩はレリーフのよう。
でも唇にただよう穏やかな表情は変わりがないように思いました。
驚いたのは状態のよさ。
1300年近く時を経ているとは思えません。
33年に一度だけ御開帳していたせいなのでしょうか。
はっきりとしたその瞳。
33年に一度、世の中を見て何を思われているのでしょう。

img325.jpg

DSC04522 - コピー.JPG
九重塔

DSC04580 - コピー.JPG
山門の仁王 阿形

DSC04583 - コピー.JPG
山門の仁王 吽形
posted by 理乃 at 22:52| Comment(0) | 福岡県筑後市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

2017.10.03筑紫野ぷち旅A天拝みそ

高齢の母とのドライブにちょうどいい距離の筑紫野市。
今回は山口の天拝みそにもおじゃましました。

DSC04506 - コピー.JPG

山口農産加工所で作られている昔ながらのお味噌。

DSC04508 - コピー.JPG

山口ではお味噌もお酢もお豆腐も作られていて、
里山の風景が癒してくれます。
posted by 理乃 at 13:02| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菱の実

スーパーにひしの実があったので、買ってみました。

22195402_1403357959782246_2475831904150989361_n.jpg

これで150円。
このマドラーが食べやすい。
淡白な栗みたいな味。
あっさりして美味しいです。
生食はNG!

22221697_1403357993115576_2415209879908935437_n.jpg

★レシピ
@菱の実をよく洗う。
A鍋に菱の実とたっぷりの水を入れ、
塩を小さじ1杯程度加えて30分煮る。
ラベル:菱の実
posted by 理乃 at 12:50| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする