2017年06月25日

6月20日 田川・嘉麻 プチ旅 B いろり庵

わたしは出かけた先でリサーチして食事をすることも多いです。
寒北斗酒造に行ったとき、食事処を聞いて教えていただいたのがここ「いろり庵」でした。
教えられないと絶対たどり着けない場所。

DSC_0023-2 - コピー.jpg

寒北斗から遠賀川に出て、堤防に沿った細道を走ると田んぼの向こうに古民家がありました。
店内には民俗資料館のように古い農機具が展示されています。

DSC_0040 - コピー.JPG

DSC_0034 - コピー.JPG

DSC_0035 - コピー.JPG

DSC_0036 - コピー.JPG

いろりもあります。

DSC_0032 - コピー.JPG

掘りごたつ式だから足が悪くてもOK。
いろり庵定食は880円とのこと。
出てきてびっくり。

DSC_0025-2 - コピー.jpg

こんなにバラエティに富んでて880円?!
デザート付きのコーヒーをプラスすると1080円。
メインのキスと海老のフライはとても美味しかったです。
小皿に載ってるすべてのおかずも美味しくて、
茶碗蒸しも手抜きなし。
前の畑はちょうど耕しているところでした。

DSC_0037 (1) - コピー.JPG

遠賀川沿いの静かな食事処。
ここにして大正解でした。
posted by 理乃 at 12:01| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

6月20日 田川・嘉麻 プチ旅 A 寒北斗酒造

田川から嘉麻に抜ける道沿いで見つけていた白壁の寒北斗酒造。
今回やっと中に入ることができました。

DSC_0017.JPG

300年前の享保14年の創業時は玉の井酒造と言っていていました。

DSC_0019.JPG

伊能忠敬も泊まったとか。
今年、車が建物にぶつかったということで角は工事中でした。

DSC_0055.JPG

地酒寒北斗が有名ですが、クリスタルというのがありました。
嘉麻地区の契約栽培山田錦を100%使用して熊本酵母で仕込んだ純米吟醸酒です。
お酒は強くないけど、各地の造り酒屋はとても魅力的です。
posted by 理乃 at 15:05| Comment(0) | 福岡県嘉麻市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

6月20日 田川・嘉麻 プチ旅 @ チロルチョコ アウトレットショップ

今日は田川・嘉穂方面に行ってきました。
まずは田川の201号線川宮西大橋交差点近くにあるチロルチョコの本社松尾製菓。
工場に入ってみるとアウトレットは別にあるということ。
探してみると201号線沿いのセブイレブンの横に「マヌカンピス」があって、
その並びにありました。

DSC_0008.JPG

DSC_0010.JPG

同種のチロルチョコが一袋500円で売っています。
ものすごくいっぱい入ってます。
包装紙に包まれてないものも。

DSC_0052-2.jpg

買ってみるとこれがいつもスーパーで買うものより
柔らかく美味しく感じます。
工場直のためでしょう。
とにかくフレッシュでいい!
楽しいお買い物ができます。
お隣の「マヌカンピス」のパン「ケレス」も
おしゃれでとてもいいですね。
車がひっきりなしに出入りして、
田川の人気スポットのようでした。
posted by 理乃 at 18:12| Comment(0) | 福岡県田川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

ソンバーユ:ローズの香り

先日、県庁に用があって行ったとき、
売店にあったソンバーユ。
地元のロングセラーのソンバーユは信頼してましたが、
初めて薔薇の香料入りを買ったら、これがやっぱりいいですねー。

19113539_1303611259756917_2433959478820102538_n.jpg

成分は馬油と薔薇の香料オンリー。
馬油だけどいい香り。
お口の中に入っても大丈夫だから、
わたしはリップクリームとしても使います。
春になっても乾燥肌に悩んでますが、
昨日手にすりこんで寝たら、逆剥けする部分も光ってます。
posted by 理乃 at 11:05| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

松本茶屋のわらびもち

昨日の母とのドライブで阿志岐の「松本茶屋」のわらびもちを買いました。

DSC_1551 (1) - コピー.JPG

以前から狙っていたのがやっと。

DSC_1548 - コピー.JPG

わらびもちはプレーンと抹茶の二種。380円。

DSC04183 - コピー.JPG

これが絶品でした。
とろとろと柔らかく、とろけそう。
こんなに美味しいわらびもちはなかなかありません。
イートインOK。
目の前は美しい宮地岳の山容。

DSC04179 - コピー.JPG

この景色をごちそうにばんこに座っていただくのもいいですね。
太宰府市からも筑紫野市からも
少しでこの田園風景です。
posted by 理乃 at 15:53| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

『村上海賊の娘』  和田竜

以前から読みたかった本をやっと読めた。
瀬戸内海って海が広がってるんだろうとばかり思い込んでいたけど、
多くの島々があって、船はその間を蛇行して進んでいたと再認識。
戦国時代、その海を支配していた海賊の根城とはどんなものか、
まったく想像できなかったけど、この小説はそれを目の前に現出してくれた。
三家に分かれた村上一族の一つ、
能島村上の当主、村上武吉の娘、景(きょう)が主人公。
能島のあまりの小ささに驚いた。
世は信長の時代。
大坂本願寺を攻める信長と本願寺を救おうとする毛利家。
毛利方についた村上水軍は籠城し兵糧尽きた本願寺側に物資を運ぼうとする。
織田方には泉州の海賊、眞鍋家。
本願寺を守るのは雑賀党。
そして木津川合戦の火蓋が切って落とされる。
恐ろしいばかりの船上の斬り合い、
炸裂する村上海賊の焙烙玉。
安宅(あたけ)や関船(せきぶね)、小早(こはや)といった軍船が
入り乱れる合戦の描写はすさまじい。
ユニークなのは史実に沿って描きながら、
主人公を景という女性にしたこと。
父に溺愛され、男兄弟と同じように育ったと設定された景は、
瀬戸内では醜女と言われた。
大きな目と高い鼻を持つ彫りの深い顔立ちと引き締まった肉体は
泉州人には美女と映った。
男勝りの性格で、うじうじしているのは大嫌い。
けれど結婚願望はあり、海賊に嫁ぎたいというのが夢。
その夢も戦いに身を投じざるを得ない自らの資質により諦める。
戦いに出向く夫の帰りをただ待っているのではない、
行動する主人公に読者は魅せられるのだろうか。
戦国の世の人を人と思わぬ恐るべき殺し合いには辟易とする。
けれど読後は乱世を思うままに疾走した海賊たちの姿に爽快感を覚える。
そして思うままに生きた景という悍婦にも。

村上海賊の娘(一)(新潮文庫) -
村上海賊の娘(一)(新潮文庫) -
村上海賊の娘(二)(新潮文庫) -
村上海賊の娘(二)(新潮文庫) -

村上海賊の娘(三) (新潮文庫) -
村上海賊の娘(三) (新潮文庫) -

村上海賊の娘(四)(新潮文庫) -
村上海賊の娘(四)(新潮文庫) -


posted by 理乃 at 12:27| Comment(0) | ★図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

吉塚商店街 sweets&cafe mimi

吉塚商店街歩で見つけたケーキ屋さん。
小さなサイズのチーズケーキとチョコレートケーキがありました。

18839143_1292522827532427_583719864331303557_n.jpg

普通サイズはいらない。
小さいのがあったら食べてもいいなってときにぴったり。
味もグッド。
イートインもありました。

場所はセブンイレブン裏のパーキングから吉塚商店街に歩いてすぐ。
posted by 理乃 at 11:31| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

千代森神社

妙見交差点の地図を見ているとき、いつも気になっていた千代森神社(博多区千代)。
仕事で前を通りかかったので寄ってみました。

DSC03999 - コピー.JPG

中にはお稲荷さんと
妙見菩薩、天御中神、北極星を祀った北辰宮、
菅原道真を祀った二十五社天満宮があります。
妙見という地名の由来は妙見菩薩から来ていたのですね。
ふーむと納得。
今も、妙見交差点は六角となっていてますが、
昔は7本の道が合流して七ヶ辻と呼ばれていたそう。
一歩中に入るにはミニサイズの太鼓橋を渡りますが、
川はありません。

DSC03998 - コピー.JPG

由緒書きによると鎌倉時代は松の木以外の樹木が一本もない
「千代の松原」という風光明媚な海岸だったそう。
千代という地名もここからきているのでしょう。
領主が社殿を建てて地主神として「妙見様(北極星)」をお祀りしたのが興り。
戦国時代は大友氏の戦乱で社殿は焼失。
元禄時代、福岡黒田藩の奉行、平井勘太夫重勝の頃、社殿を再興。
宝永年間に稲荷神社を建て妙見社は相殿に祀られるようになりました。
二十五社天満宮は、博多中石堂町(現在の中呉服町)にあったのを幕末に移され、
大正4年、周辺にあった小社を合祀して千代森神社になりました。
このあたりの歴史がぎゅうっと詰まった神社でした。

お稲荷さんの狛狐は摩耗もあってか忠犬のような感じ。

DSC04002 - コピー.JPG

欠けている部分は補修されて、大事にされています。

DSC04004 - コピー.JPG

右手に参拝用の駐車スペースあり。
posted by 理乃 at 11:47| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

十日恵比須神社

東公園の十日恵比須神社の手水舎の水盤には鯛がいました。

DSC03989 - コピー.JPG

そして鯛の形のおみくじもあります。

DSC03986 - コピー.JPG

裏道に参拝のための駐車場があることを発見。
posted by 理乃 at 11:42| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

大橋の『とり吉(よし)』

19日に大橋に行ったとき、
久しぶりに目に入った『とり吉』。
とり肉専門店です。

DSC03871 - コピー.JPG

覗いてみると、高齢のご夫妻が仲良く仕事をされていました。
黙々を唐揚げを揚げるおじいさん。
その唐揚げを美味しいよと自慢するおばあさん。
高齢になっても働き続ける姿を見て、すばらしいなと思いました。

DSC_1429 - コピー.JPG

人気の唐揚げはやはり美味しかったです。
posted by 理乃 at 11:48| Comment(0) | 福岡市南区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする