2017年08月19日

2017.8.14 朝倉ぷち旅 E 筑前朝倉蒸し雑煮

朝倉ぷち旅ラストです。
今回の旅でやはり押さえておきたかったのは「蒸し雑煮」。
蒸すタイプの珍しいお雑煮です。
長崎に伝わった茶わん蒸しが福岡藩に伝わり、
養鶏が盛んなこの地で茶わん蒸し料理が広がったのだとか。
お正月にはお雑煮と茶碗蒸しが食べられていたのが、
いつしか混じり合い生まれたのが「蒸し雑煮」。
普通の茶碗蒸しより汁気が少し多く、
いろんな具材から出た味が旨味を出して、とても美味しいです。
お雑煮だからお餅が入ってます。

DSC_3580 - コピー.JPG

わたしたちは「なかにし」(筑前町)でいただきましたが、
食べられるお店はHPでチェックしてください。

DSC_3574 - コピー.JPG

朝倉応援で蒸し雑煮、食べましょう!
レトルトも販売されてます。

※蒸し雑煮にスポットライトを当てた筑前朝倉蒸し雑煮プロジェクトは
あさくら観光協会の企画で去年発足。
http://mushizouni.jp/
posted by 理乃 at 18:12| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

2017.8.14 朝倉ぷち旅 D 三連水車

386号線を日田方面に行くと、災害の生々しい爪痕が残っていました。

DSC_3556 - コピー.JPG

家屋を濁流が突き抜け、未だ手付かずのまま放置されているところも。
泥を被った田畑、積み上げられた流木を目にすると、心が痛みます。
老舗の藤井養蜂場(朝倉市菱野)は
事務所、直売店、工場、蜂場のすべてに被害を受けました。
事務所は床上20cmまで浸水。蜂蜜の巣箱は流出。
でも営業を再開されてました。
そしてその奥にある朝倉のシンボル、三連水車も流木やゴミがからみついていましたが再稼働しています。

DSC_3566 - コピー.JPG

その姿を見て安心しつつも、目の前の畑に堆砂している泥の硬さには呆然としました。

DSC_3569 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 12:17| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

2017.8.14 朝倉ぷち旅 C 月の峠

秋月に行けば、必ず寄る天然酵母のパン屋さん「月の峠」。

DSC_3551 - コピー.JPG

石橋フェチとしては目の前の健在な眼鏡橋もうれしい。

DSC_3547 - コピー.JPG

パンの写真は今回はなし。
店先で出来たてカレーパンは食べちゃいました。
パン生地がベラボーに美味しい!
買って帰った葡萄パンはずっしり重い。
信じられないくらい葡萄が詰まってるから。
パン生地に葡萄を入れたというより、
葡萄をパン生地で囲った(オーバー?)ってくらい
葡萄が入ってるんですもの。
posted by 理乃 at 11:22| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

2017.8.14 朝倉ぷち旅 B 水の音 風の音

土日祝日だけ、秋月で営業している古民家カフェ。

DSC_3523 - コピー.JPG

DSC_3530 - コピー.JPG

陶芸をされる奥様の作品が器に使われています。

DSC_3537 - コピー.JPG

DSC_3535 - コピー.JPG

陶芸体験は平日もOKとのこと。
窓から見える広い庭の緑がとても気持ちよくて、落ち着きます。
全体から秋月愛が伝わりました。

DSC_3531 - コピー.JPG

DSC_3532 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 16:04| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

2017.8.14 朝倉ぷち旅A ちきた

朝倉ぷち旅。
秋月へ移動してお昼ごはんです。
「ちきた」へ電話したらお盆にもかかわらず営業しているとのこと。ラッキー!

DSC_3511 - コピー.JPG

だんご庵の隣の山裾にある古民家のお蕎麦屋さん。
前回、ニューカレドニアからのお友達と偶然見つけました。
窓の外は雨にしっとり濡れた緑一色。

DSC_3514 - コピー.JPG

おくら蕎麦をオーダーしました。
前菜を楽しめ、
お蕎麦はぴかイチ!

DSC_3517 - コピー.JPG

歯ごたえあって最高。

最後におつゆ付きで蕎麦湯が運ばれてきて、これがまた美味。
家族経営のとても居心地のよいお店です。
posted by 理乃 at 16:50| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

2017.8.14 朝倉ぷち旅 @ 朝倉市観光協会

突然、朝倉ぷち旅をすることになり、S夫妻と出かけてきました。
まずは大切な要件のあった朝倉市観光協会へ。
甘木鉄道の駅舎の中にあります。
甘木鉄道は一両編成の車両がかわいいローカル線。

DSC_3502 - コピー.JPG

DSC_3501 - コピー.JPG

DSC_3505 - コピー.JPG

観光協会事務局長の里川さんは、今朝テレビにも出演されていましたが、
ご自宅が被災しながらも、復興のために身を挺して活動されています。
テレビでも紹介されていたのが、クラウドファンディングプロジェクト。
流木でウッドキャンドルを作って販売するというもの。

DSC_3507 - コピー.JPG

テレビの効果もあってか50万円の目標額が今日の時点で360万円を超えています。
今日、お話して分かったのですが、
里川さんは筋金入りのボランティア活動家。
学生時代から阪神淡路大震災、ナホトカ号重油流出事故、
モザンビーク内戦の銃回収運動など、国内外のボランティア活動をされ、
卒業後は国際ボランティアを育成する会の代表もされていました。
恐るべき行動力の持ち主です。
今日の旅で見た災害の爪痕の生々しい朝倉ですが、
こういう人々の地道な努力が地域を復興させていくのだと思います。
posted by 理乃 at 22:56| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

ゾンネン・ブルーメと今宿駅

今日は西で用事。
「ゾンネン・ブルーメ」というパン屋さんで休憩しました。
「ゾンネン・ブルーメ」とはひまわりのことのよう、
有料駐車場の奥にあって分かりにくく、周囲を一周。

さすがドイツ語のネーミングのパン屋さん。
プレッツェルが美味しい!(写真は違うパンだけど)
フレッシュなドイツビールが飲みたいです。

20246332_1341556102629099_7334201996430400481_n.jpg

HPによると、
「ドイツでマイスター取得後、
世界中でパンを焼いてきたベッツ氏とドイツやスイスで修行を積んだMasakiが
石臼で碾(ひ)いた小麦粉やライ麦粉を用い、石窯で丹念に焼き上げました」
ということ。
本場仕込みのドイツパンのようです。
イートインあり。

「ゾンネン・ブルーメ」を探しているとき今宿駅に遭遇。

DSC_3387.JPG

渋くてびっくり。
周囲ももうちょっと昔の面影が残ってるといいのにな。
posted by 理乃 at 16:53| Comment(0) | 福岡市西区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

県庁11階 物産観光展示室「福岡よかもんひろば」

昨日、初めて「福岡よかもんひろば」を覗いてみました。
眼下に東公園がよく見えます。

DSC_3293 - コピー.JPG

九州の祭りのタペストリーがありました。

DSC_3305 - コピー.JPG

8月25日まで企画展『わくわくしたい?それなら、おおむた♪』を開催中。
「カルタックスおおむた」からはNHK大河ドラマ『真田丸』で使われた「天正カルタ」も展示。

DSC_3303 - コピー.JPG

「よかもんカフェ」ではリンクしてスコップ型スプーンで食べる炭坑カレー(黒くはない)もありましたよ。
8月31日まで、入江千春さんの「あかり絵の世界」もやってます。

DSC_3299 - コピー.JPG

DSC_3301 - コピー.JPG
posted by 理乃 at 12:01| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

県庁:よかもんカフェ

県庁11階のよかもんカフェ。

DSC_3308 - コピー.JPG

地産地消の取組が昨年、第9回地産地消給食等メニューコンテストで
「農林水産大臣賞」を受賞しています。
日替わり弁当などのメニューがあって、
仕入れは主に県内の直売所から。

DSC_3311 - コピー.JPG

今日いただいたのは日替わり弁当ですが、
おしゃれでグッド。
眺めもよく、今日は博多港から出ていくクルーズ船が見られました。
posted by 理乃 at 21:55| Comment(0) | 福岡市中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

二日市温泉名物:湯の花羊羹

二日市の街歩き団体「寄り道アート二日市」メンバーと
湯町の和菓子店「中村屋」がコラボして復活させた「湯の花羊羹」。

DSC_3095 - コピー.JPG

戦前湯町で人気だったそうです。

DSC_3098 (1) - コピー.JPG

小豆じゃなくて、エンドウ豆が素材なのが珍しいです。

DSC_3102 - コピー.JPG

美味しくて、パッケージもレトロですてきなので、大好きになりました。

img242.jpg

湯町のはかたタクシーの前がお店なので、
二日市温泉へ行かれたら、のぞいてみてくださいね。
posted by 理乃 at 23:18| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする