2018年09月24日

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅Iキリシタン橋

ラストです。
腹切岩を過ぎ山道をさらに進むとキリシタン橋があります。

20180919_144915 - コピー.jpg

小さな小川に架かる石橋です。
橋の左手には石垣が見えました。

20180919_144016 - コピー.jpg

このあたりに教会堂があったのかもしれないということでした。
キリシタン橋を渡り300メートルほど登ると、
秋月種時(秋月氏14代当主)のお墓があるそうです。
誰もいない静寂の中、小さな石橋だけが歴史を物語っていました。

20180919_144823 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:49| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅H腹切岩

豊臣秀吉が九州平定へ向かったとき、
秋月種実は島津義久と同盟して秀吉軍と戦うものの降伏。
秋月から日向財部へ追われます。
それ以前に秋月の重臣、恵利内蔵助暢堯(えりくらのすけのぶたか)は
秀吉勢と和睦するよう種実に進めますが理解されず切腹しました。
ここが切腹したと言われる巨岩です。

20180919_143653 - コピー (2).jpg

20180919_143720 - コピー.jpg

昭和11年にゆかりの人々によって殉節碑が立てられています。

20180919_143738 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:27| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅G臼井六郎の墓

古心寺には臼井六郎の墓もありました。

20180919_143401 - コピー.jpg

臼井六郎は日本最後の仇討ちをした人物として知られています。
幕末最後の年に、藩内の政治的対立によって暗殺された両親の仇討ちを13年後に果たし、
仇討禁止令で懲役となりました。

20180919_143405 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 15:06| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅F古心寺

筑前秋月藩の初代藩主黒田長興(黒田長政の次男)が
父の菩提を弔うために秋月陣屋の陣下に建立した寺。

20180919_143041_041 - コピー.jpg

秋月黒田家当主歴代の菩提寺です。
奥方のお墓もあります。
若くして亡くなった藩主や奥方もいます。
どれが誰のお墓で享年も記されているので分かりやすいです。

20180919_142713 - コピー.jpg

20180919_142626 - コピー.jpg
黒田長興公のお墓
posted by 理乃 at 14:53| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅E秋月博物館】

昨年オープンした秋月博物館。
杉の馬場通に面した秋月稽古館跡に建てられています。
秋月とキリシタンの結びつきにはあまり知られてませんが、
かのルイス・デ・アルメイダも訪れている重要な地。
大友宗麟の庇護のもと、
豊後府内で私財を投じて日本初の病院を建て、
人々を救ったアルメイダは秋月の領主、秋月種実を訪ねてきました。
アルメイダは厚遇され10日滞在して24人に洗礼を授けました。
再訪し、大勢の人に説教をし、
キリシタンとなった秋月の武士は
陣中に十字架を描いた旗を立てたのだそう。
その後秋月氏は日向に転封され、
黒田官兵衛の弟、直之が秋月の領主となります。
直之は熱心な信者で新しい教会も建て、
秋月はキリスト教伝道の根拠地となり、
地区の受洗者は2000人になったといいます。
しかし直之の死で衰退。
長興が藩主となると教会は破壊され、
弾圧は厳しくなりました。
博物館にもキリシタン関係の資料が展示されています。

img542.jpg

img543.jpg
posted by 理乃 at 12:29| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅D黒門茶屋

お昼は秋月杉の馬場の「黒門茶屋」で。
民芸調の食事処。
お土産も売っています。
奥にお座敷があり、そちらでいただきました。

20180919_124955 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 00:06| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅Cカトリック本郷教会

20180919_114858 - コピー.jpg

大刀洗町の本郷にも潜伏キリシタンはいました。
本郷教会の建物は新しく、現在の神父さんは若いベトナム人でした。

posted by 理乃 at 00:40| Comment(0) | 福岡県三井郡大刀洗町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅Bジョアン又右衛門殉教記念碑】

今村カトリック教会はジョアン又右衛門の墓の上に建てられたものでした。
ジョアン又右衛門が磔刑となって亡くなった地には記念碑が建てられていました。

20180919_114402 - コピー.jpg

細い道筋なのでマイクロバスの中から垣間見ただけでした。
ジョアン又右衛門は五島の宇久島で洗礼を受け、
後藤寿庵と名乗りました。
奥州では伊達政宗の厚遇を受けたといいます。
禁教令で政宗から追放されますが、
今村、本郷を中心に信者たちを教え導きました。
そのため幕府は棄教を迫りましたが、断じて応じず、
見せしめとしてこの地で磔刑に処せられたということです。

20180919_114350 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 00:15| Comment(0) | 福岡県三井郡大刀洗町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅A大刀洗町立図書館・郷土資料室】

大刀洗町立図書館には帚木蓬生氏の「守教」の手書き原稿が展示されていました。
二階の郷土資料室では「邪宗門一件口書帳」や
「ド・ロ版大版画(地獄)」などの潜伏キリシタン関係の資料を展示。
「邪宗門一件口書帳」はキリシタンの最も古い資料で、
1867(慶応3年 )に潜伏キリシタンの取り調べが行われ、
そのとき藩に提出した供述書の写しということ。
「ド・ロ版大版画(地獄)」は禁教令が解けたあと、
今村と長崎の信者の交流でもたらされたもの。
教会がない時代、信徒が集まった土蔵にかけられ、
地獄とはこういうものだと版画で教えました。
「ド・ロ版大版画(地獄)」は現在九博で修復中とのことです。

20180919_112328 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:32| Comment(0) | 福岡県三井郡大刀洗町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅 @ 今村カトリック教会

帚木蓬生氏の「守教」でスポットライトが当てられた今村・秋月の潜伏キリシタンの物語。
その舞台を巡るM氏倶楽部の旅に誘われました。
本を読んで楽しみにしていた日がついに訪れました。
まずは今村カトリック教会。

20180919_094911 - コピー.jpg

当日のガイドは信徒の青木さんです。
ここは以前にも行ったことがありました。

20180919_095302 - コピー.jpg

ヨーロッパの教会のような煉瓦造りの建物とシンプルなステンドグラス。
田園のただ中に忽然と現れた姿に感動しました。

20180919_094946 - コピー - コピー.jpg

当時は長い歴史の中で、どんなふうに信仰が生まれ、
守られてきたのかは興味の対象外でした。
小説の力は素晴らしいものです。
今村カトリック教会の設計は鉄川与助。
大正2年に完成しました。
建てられた場所は磔となった信者ジョアン又右衛門の墓の上と言われています(「守教」では今村の庄屋平田道蔵の墓となっています)。
200年もの間、寺の門徒を偽装したりして、キリシタンであることを隠し、信仰を守り続けた信者たち。
長崎の信徒発見の2年のち、大浦天主堂の信徒4人が今村に状況を探りにきます。
そして彼らは今村信徒発見をするのです。
今村の信徒発見は紙芝居になっていて、
青木さんが読んでくださいました。

20180919_102103 - コピー.jpg

ビデオは大刀洗図書館で見ることができます。

20180919_202331 - コピー.jpg

教会内部は撮影できませんが、
チケット売り場で売っているファイルに印刷されています。

20180919_202359 - コピー.jpg

メモも売ってました。
posted by 理乃 at 00:13| Comment(0) | 福岡県三井郡大刀洗町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

2018.9.2 八女福島すてき旅Dビワニジ

やっと八女福島の旅のラストです。
こちらも朝日屋酒店のオススメ。
思いがけない出会いがあろうとは全く予測してませんでした。

20180902_155539 - コピー.jpg

「手仕事ビワニジ」さんは人形と刺繍作品の作家のギャラリー。
イラスト風の自由な刺繍が持ち味。
土間を利用したギャラリーでお話をするなかで、
貴重な町家の二階を案内していただくことになりました。
そこからは八女福島の甍の波が見渡せ、
美しい日本の風景に感じ入りました。

20180902_163123 - コピー.jpg

ねずみ漆喰の床の間、天袋に描かれた参勤交代の図。

20180902_163411 - コピー.jpg

20180902_163634 - コピー.jpg

丁子や千鳥の釘隠し。

20180902_163310 - コピー.jpg

20180902_163443 - コピー.jpg

かつてのただならぬ繁栄ぶりが伺えます。
1階の昔の印刷物で納得。

20180902_164420 - コピー.jpg

呉服屋として大きくお商売をされていたよう。
そこでビワニジさんの口から驚くべき事実!
太宰府の平井瓦がルーツとおっしゃるではありませんか。
ここは平井さんなのです。
太宰府の平井家はとんでもなく歴史の古い家。
五条で「平井瓦製造所」を営んでいました。
その地は「金屋屋敷」と呼ばれ、昔は鋳物屋だったそう。
屋号は金屋、庭には鉄滓が覆っています。
太宰府天満宮の神幸式などで奉納される「竹の曲(はやし)」。
これを奉納するのは、米屋座、鋳物屋座、鍛冶屋座、染物屋座、小間物屋座、相物屋座(魚座)からなる「六座」です。
このうち、鋳物屋座が平井家。
大宰府史跡の発掘でも平安時代に入るころから「平井瓦屋」「平井瓦」「平井」の文字を刻んだ瓦が出てきました。
数年前の修復で下ろされた観世音寺の鬼瓦にも名前が見られました。
「平井瓦製造所」は観世音寺の宝蔵の瓦を製作した後、1959(昭和34)年に廃業。
その長い歴史が途絶え残念ですが、
八女福島にも一族が移られていたとは驚きでした。
posted by 理乃 at 13:09| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

2018.9.2 八女福島すてき旅Cくろくも舎

朝日屋酒店さんから紹介してもらった「くろくも舎」はすぐに見つかりました。
まったくの一軒家。

20180902_155222 - コピー.jpg

入っていいのか躊躇われますが、玄関をがらりと開けお邪魔しました。
ここは切り絵作家、松原真紀さんのギャラリー。

20180902_154816 - コピー.jpg

古民家好きで、まず古民家に入居してから始めたという切り絵。
そこにはユニークな作品世界が広がっていました。

20180902_154710 - コピー.jpg

昔懐かしい調度に合う作品たち。
お伽話のようなもの、モビールもあれば立体もあります。
額に張られた蜘蛛の巣に恋をした蝶がかかる作品は
古民家らしく素晴らしい。

20180902_154831 - コピー.jpg

鳥かごの形のランプシェードはほしくてたまりません。
紙はもちろん八女の和紙。
文化出版局から「草花や動物モチーフの切り絵」という本も出されてます。
ギャラリーはほぼ土日オープン。
posted by 理乃 at 18:17| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

あさくら天智天皇物語〜宴の花〜

9月15日、朝倉で百人一首朝倉大会実行委員会が
「あさくら天智天皇物語〜宴の花〜」というイベントを開催しました。
朝倉にある朝倉橘広庭宮は、
601年に百済救援の出兵のため、
斉明天皇、天智天皇、天武天皇、持統天皇、額田王まで来たと言われています。
そんなゆかりの地で開催されたイベントは
ディレクターの上野誠氏と韓国中央大学教授のイム・チャンス氏の対談、松坂慶子さんの朗読劇「宴の花」(カヤグムとヘグムの演奏付)、シンポジウム、地元の筑紫舞からなりました。
思いがけない日韓交流のイベントでした。
韓国伝統楽器のカヤグムとヘグムの調べはとても美しいもの。
松坂慶子さんは声に艶があり、
後のシンポジウムのお話からも人柄のよさを感じました。
「宴の花」は額田王が登場。
どっぷりと万葉の世界に浸った一日でした。
写真は会場の朝倉地域生涯学習センター。

20180915_131017 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 23:48| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

2018.9.9柳川UA白秋生家

白秋生家へ行きました。

20180911_160842.jpg

生家は元羽振りのよい醸造元で多くの人が働いていました。
白秋はおぼっちゃまだったのですね。
でも文学を志した白秋は勝手に東京へ出ます。
その後、実家は火災で大損失を受け傾いてしまいます。
貧乏暮らしをしながらやがて成功した白秋は20年数年ぶりに故郷に凱旋。
不安を抱えた白秋を迎えたのは柳川の人々の大歓迎でした。
そんな白秋の人生をこの場所で振り返ることができます。
奥の記念館のビデオでも学べます。

20180911_161820 - コピー.jpg

20180911_162348.jpg

20180911_162414 - コピー.jpg

20180911_162612 - コピー.jpg
学生時代勉強した離れ。

生家の軒先に白秋が愛したザボンがなってました。

20180911_162140 - コピー.jpg

20180911_162702 - コピー.jpg

奥には記念館があります。

いつか白秋の愛した掘割沿いの道を歩いてみようと思います。
posted by 理乃 at 17:30| Comment(0) | 福岡県柳川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

2018.9.9柳川U@道の駅みやま

柳川での仕事は2日あり、今回はパートU。
再び朝イチで「道の駅みやま」に立ち寄りました。
みやま市は全国でも有数のたなかの生産地。
たかなの加工品がいろいろあります。

20180911_200336 - コピー.jpg

船小屋温泉の田中羊羹も置いてありました。

20180911_200602 - コピー.jpg

20180911_200512 - コピー.jpg

外側が硬いタイプで美味しいです。

「夜明茶屋」が商品化した
有明海のエイリアン「ワラスボ」のエキスが入ったエナジードリンクも。

20180911_200231 - コピー.jpg

特にワラスボ味がするってわけではないんですが(笑)、
ご当地ドリンクってことで。
posted by 理乃 at 18:26| Comment(0) | 福岡市中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大野城心のふるさと館 開館特別企画「顔The Face」展

7月21日にオープンした大野城心のふるさと館に行ってきました。

20180913_150045 - コピー.jpg

20180913_152518 - コピー.jpg

20180913_151248 - コピー.jpg
水城・大野城シアター

開館特別展の「顔The Face」展が小規模ながら、
これまで見たことのない古代の土器、埴輪などが見られて、
とてもよかったです。
古代好きには超オススメ!

0606_face_poster800_fix - コピー.jpg

火焔型土器でない縄文の人面土器にシビレます。
人面墨書土器の顔は縄文時代のコミックみたい。
自由な表現がたまりません。
1階のショップで人面墨書土器のお茶碗が売られてました。

20180913_160133 - コピー (2).jpg

カフェではごはんも食べられますよ。
posted by 理乃 at 18:19| Comment(0) | 福岡県大野城市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

2018.9.9柳川C夜明茶屋

柳川の締めはローカル色漂う「夜明茶屋」へ。

20180909_182451 - コピー.jpg

明治二十三年(1890)創業の老舗です。
珍しい有明の魚介を販売し、食堂もあります。
ここは有明の珍味を堪能しようとオーダー。
竹崎カニは肉が甘く濃厚。

20180909_184433 - コピー.jpg

お寿司はエツとクチゾコをセレクト。

20180909_190935 - コピー.jpg

蛋白であっさりしたお味です。
ムツゴロとウワラスボの 活き造りは
ナマコからこりこりをとったような食感と味。

20180909_185439 - コピー.jpg

骨は唐揚げにして最後までありがたくいただきました。

20180909_192005 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 14:30| Comment(0) | 福岡県柳川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.9柳川B有明漬 高橋商店

御花近辺へ行こうとナビに入れたら、田園の中をぐるぐる回り、
二度も高橋商店の前に出ました。
これは寄るしかないと・・・。

20180909_173052 - コピー.jpg

高橋商店はたいらぎの貝柱の粕漬けや、
ちかごろでは液体ゆずこしょうの「ゆずすこ」でも有名。

20180909_173136 - コピー.jpg

有明の珍味がいただけ、日持ちのよい粕漬けは熱いご飯に乗せると食が進みますね。
道に迷わなければ高橋商店の本社工場直売所に来ることはなかったなあ・・・。
結局、お店の方に手書き地図を書いてもらって、
田園から抜け出せました(笑)

20180909_205933 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 13:50| Comment(0) | 福岡県柳川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

生姜の甘酢漬け

糸島のグローブみたいな新生姜を見掛けたので、
今年も作りました。
けっこうたいへん。
でも、自分で作ったものが一番美味しい。
お酢はりんご酢を使用しました。

20180910_194338 - コピー.jpg

★レシピ

新ショウガは洗って皮はピーラーでむく。
次はスライサーで薄く切る。

切ったショウガに塩を降りかけ
しなっとさせる。

この間、鍋に水を入れ、火にかけ沸騰させる。

ショウガがしなっとなったら洗って塩を落とし、
沸騰した鍋に入れ、1分くらい煮る。
決して長く煮すぎないこと。

ショウガをざるに上げて水気を切る。

酢(りんご酢)と砂糖(三温糖・グラニュー糖など)を同量合わせる。
量はショウガがひたひたに浸かるくらい。
(ショウガ3パックだと酢200t砂糖200tくらい)

保存ビンなどに酢と砂糖を混ぜたものを入れる。
これに水気を切ったショウガを熱いまま入れて出来上がり。

3日後くらいから美味しく食べられますが、その日でもOK。
posted by 理乃 at 22:52| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018.9.9柳川A道の駅みやま

昨日、柳川に向かっているとき、
道の駅みやまの前を通りました。
高速はスイスイ通れ、
予定より時間が大幅に余ったので寄っていくことに。
先に家族所望の草木饅頭を購入。

20180909_210208 - コピー.jpg

朝早く、新鮮な野菜、果物も豊富に並んでいます。
新鮮ないちじくと珍しいポポがありました。

20180909_205921 - コピー.jpg

ポポは北米産。

20180909_205856 - コピー.jpg

日本では明治頃から富豪の屋敷で栽培が始まったそう。
高校時代に下宿していた豪邸になっていて、
勧められたけど、あまり好みではありませんでした。
懐かしいと思って買ったけど、ねっとり感がいまいち苦手。
甘い果物なんですけど。

20180910_094559 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 18:14| Comment(0) | 福岡市中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする