2019年02月14日

大刀洗町の史跡見学@大原(おおはら)古戦場跡

今日は史跡解説員の研修の日でした。
いろいろ行きましたので、また少しずつ紹介します。
まずは小郡市役所隣の大原合戦跡。

20190214_093115 - コピー.jpg

大原合戦は1359年7月から8月にかけて、
およそ6万人の北軍(少弐大友連合軍)と、
およそ4万人の南軍(懐良親王・菊池武光軍)が筑後平野を舞台に戦った合戦で、
両軍の死者は約2万5千人と言われています。

20190214_093701 - コピー.jpg

勝利したのは南軍。
以後、菊池武光は懐良親王を奉じて、太宰府に征西府を置き、
10数年間、実権を握ったのでした。
短期間で平地でこんなにも多くの戦死者を出した合戦は稀で、
あたりにはいくつも戦跡が残っています。
このあたりは少弐軍の陣所の跡といわれ、
大原古戦場の石碑が建っています。

20190214_093444 - コピー - コピー.jpg

20190214_093444 - コピー - コピー - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:58| Comment(0) | 福岡県小郡市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする