2019年05月02日

2019.4.30諫早例会Fあづま屋の味噌饅頭

諫早名物のこの味噌饅頭はとってもおいしい!

20190430_190357.jpg

ふわっとやわらかな皮はほんのり味噌の風味が。
でもほとんどわかりません。

20190430_190418 - コピー.jpg

なによりおいしいのは塩気のあるあんこ。
手亡豆と小豆のミックス。
上品で甘さを抑えてあります。

20190501_200824 - コピー.jpg

諫早土産におすすめです!

20190501_200907 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 18:06| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.4.30諫早例会Eカフェ・トランキラ

例会を開催した場所は「カフェ・トランキラ」。

20190430_122252 - コピー.jpg

グループホーム・自立生活援助サービス事業所に隣接したカフェです。

子どもからご年配の方、障害のあるなしや、
国籍、性別の違いを問わず、
“たのしく安心して過ごせる たまり場づくり”を目指しています。
心のこもったとっても美味しいランチはなんと500円。

20190430_135655 - コピー.jpg

プラス300円でデザートと珈琲がつきます。

20190430_142859 - コピー.jpg

◆カフェ・トランキラ
長崎県諫早市川内町136−9
(島鉄バス停留所「半造」の裏手、川沿いを徒歩1分)
п@070-7587-9608
営業時間 11時30分〜15時30分
約15席
不定休(月・金は原則休み)
※レンタルスペースとしても利用可
 1,000円/1時間
posted by 理乃 at 17:43| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.4.30諫早例会D眼鏡橋

石橋好きは絶対訪れるべき眼鏡橋です。

20190430_155512.jpg

とにかく美しい。
かつては本明川に架っていましたが、洪水で移されました。
建設は1839年。
石橋としては日本で最初に重要文化財に指定されています。

20190430_155424 - コピー.jpg

江戸時代、本明川は毎年のように氾濫し、
橋は洪水のたびに壊れたり、流失したりしていました。
このため、人々は川飛び石を並べて渡ったりしていました。

20190430_155745 - コピー.jpg

幕府から領地検分の使者がやってくることになったとき、
どんな大洪水でも微動だにしない
「永久不壊の石橋」を造ろうということになりました。
「力のあるものは力を、物のあるものは物を、
金のあるものは金を」を合言葉に、大工事に取り組みました。
経費は当時のお金で銀三千貫。
領主から渡されたお金以外は
人々の募金や僧侶の托鉢などで集められ、1年半で完成。
橋の長さは49.25m、幅5.5m。
非常に頑丈で、以後は一度も流失することはありませんでした。

20190430_155728 - コピー.jpg

ところが昭和32年7月25日、
諫早地方をおそった記録的な集中豪雨のため、
諸川はほとんど氾濫。
死者・行方不明630人もの犠牲者がでました。
眼鏡橋は流されずにすみましたが、
流木を受け止め、
川の流れを堰き止めたために被害が拡大したと言われました。
そのため爆破されることになっていました。
しかし、当時の諫早市長は眼鏡橋爆破に反対し、
文化財としての保存を提案。
「50年後の孫子の代を考えれば
市の象徴である眼鏡橋保存が大事」と中央の政治家に働きかけ、
場所を移して保存となったのです。
橋に階段があり、
中央が下がっている本当の眼鏡の形は日本ではここだけとか。
うっとりする姿です。

20190430_155654 - コピー.jpg

※諫早市HP参照
ラベル:眼鏡橋 諫早
posted by 理乃 at 17:16| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.4.30諫早例会C諫早城址

諫早城は戦国時代に築かれた高城(山城)。

20190430_155157 - コピー.jpg

全山が国指定天然記念物
「諫早市城山暖地性樹叢(しろやまだんちせいじゅそう」に覆われています。

戦国時代、伊佐早(諫早市)を統一した西郷尚善が築いたこの山城は
北側は本明川を天然の堀とし、
南側の絶壁の下には空堀や土塁を造り、守りを固めました。
その後、天正15年(1587)、豊臣秀吉の命令に従わなかった4代目西郷信尚は、
龍造寺家晴(初代諫早家)に攻められて高城を追い出されます。
それからは諫早家の高城になりますが、
江戸時代の「一国一城令」で山城は姿を消しました。
中腹には伊東静雄の詩碑もあります。

※諫早観光物産コンベンション協会HP参照

ラベル:諫早
posted by 理乃 at 16:25| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019.4.30諫早例会B小野用水

諌早高校敷地内の御書院にも送水されている美しい疎水、小野用水。

20190430_155109 - コピー.jpg

諌早といえば干拓ですが、その歴史は1330年頃に始まります。
小野用水は、干拓地を生産力の高い水田にするために造られた用水路。
水音を作り出し、町に潤いを与える風物の一つです。
posted by 理乃 at 15:55| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

2019.4.30諫早例会A御書院

諫早の美しい桃山様式の庭、御書院。

20190430_154635 - コピー.jpg

なんと諫早高校の敷地内にあり、
周辺は高城回廊として整備されています。

20190430_154450 - コピー.jpg

こんな庭のそばで勉強できるなんて、
思い出深い高校生活が送れそうです。

20190430_154408 - コピー.jpg

戦国時代、この地は西郷尚善が治め、
その後、諫早家初代龍造寺晴公が壮大な屋敷を建てました。
御書院は庭園内に建てられた屋敷のうちの一つで、
佐賀藩主の公式行事に使われていましたが、
諫早大水害後に取り壊され、
今は庭園だけが残っています。
つつじの花が残っていて、
雨に濡れた景色は情緒があり、
グッドタイミングで訪れることができました。

20190430_154955 - コピー.jpg
ラベル:御書院 諫早
posted by 理乃 at 15:44| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする