2019年05月13日

2019.5.10脊振山岳信仰の旅@別所毘沙門堂

脊振山は和銅2年(709)に湛誉上人(たんよしょうにん)によって開山された
上宮、中宮、外宮からなる山岳仏教の聖地です。
上宮は脊振山頂にあった東門寺、中宮は霊山寺、下宮は修学院。
平安〜鎌倉にかけ背振千坊といわれるほど栄えていたとされます。
M氏倶楽部で訪れた旅の初めは脊振山麓の那珂川市にある
別所毘沙門堂です。

20190510_094457 - コピー.jpg

20190510_094644 - コピー.jpg

別所毘沙門堂は東門寺の北方を守る役目がありました。

20190510_094403 - コピー.jpg

毎年冬至には毘沙門天祭が行われ、
南瓜ぜんざい銭財がふるまわれます。
さらに奥へ行くと大山住神社の新しい社殿があります。

20190510_095249 - コピー.jpg

20190510_095018 - コピー.jpg
大山住神社の絵馬

20190510_095113 - コピー.jpg

20190510_095129 - コピー.jpg
大山住神社社殿の寛永通宝で作られた鳥居の絵馬

20190510_094852 - コピー.jpg

手入れの行き届いた美しい竹林がありました。
posted by 理乃 at 18:15| Comment(0) | 佐賀県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする