2019年05月27日

2019.5.27 和水町の旅

母の付き添いで行った高齢者サロンの旅。
今回は和水町でした。
金栗四三で一躍注目を浴びた和水町。
南関インター降りてすぐなので、行きやすい場所です。
金栗四三の生家に行くと、
元庄屋で造り酒屋をした家は裕福だったことが分かります。
周囲の理解ある人たちに恵まれ、
四三は能力を伸ばせたのですね。

20190527_102048 - コピー.jpg

金栗四三生家記念館

20190527_104010 - コピー.jpg
生家の内部。
造り酒屋だったころのイメージを再現。

20190527_132937 - コピー.jpg
金栗四三ミュージアム。
よく作られています。

和水町は八つの神様が祀られています。
これまで何度か来ているのにまったく気づきませんでした。
八つの神様とは目、イボ、歯、胃、性・腰、手足、耳、命です。
そのうち手足、性・腰、命の三つ、回ることできました。

20190527_111446 - コピー.jpg
手足の神様

20190527_114553 - コピー.jpg
性・腰の神様。
詳細は実際に行ってご覧ください。

20190527_113904 - コピー.jpg
命の神様

命は生死に関わる病のとき、
一生に一度だけ平癒を願えば叶うと言われているとのことです。
ハつの神様をのんびり訪ねてみるのもいいかもしれませんね。

帰りは「特産品センターなんかん いきいき村」に立ち寄りました。

温泉もあり、山々に囲まれた和水町。
和む旅ができそうです。
posted by 理乃 at 18:29| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする