2019年06月14日

2019.6.13脊振山岳信仰の旅U

M氏の誘いで脊振山岳信仰の旅Uに出かけました。
最初は脊振神社(下宮)。

20190613_102217 - コピー.jpg

20190613_100531 - コピー.jpg


脊振山は弁財天を乗せて天竺から飛んできた龍が
脊振山まで来て天に向かっていななき、
背びれを打ち振ったから「脊振山」と名付けられたと伝えられています。

脊振神社上宮は冬には寒さが厳しいため
中腹の白蛇神社の境内に下宮を建立。
それが今の脊振神社です。
標高700メートルの高さにあり、
手入れの行き届いた境内は杉の大樹に囲まれとても美しいです。
神仏習合の名残が濃く、神社なのに拝殿でお線香を上げます。
御祭神の弁財天は年二回の御開帳があります。

弁才天のお使いの白蛇が境内の石窟に住んでいると言われ、
はくじゃさんと呼ばれていて、実際に白蛇が目撃されています。

20190613_101028 - コピー.jpg


20190613_102723 - コピー.jpg

次に訪れたのは多聞坊跡。
歴代のお墓があり、栄西像もあります。

20190613_112329 - コピー.jpg

20190613_112208 - コピー.jpg

それから山頂を目指しました。
途中には役行者像がありますが、自衛隊の敷地内にあり、
中には入れません。

20190613_114751 - コピー.jpg

山中にはイタドリがたくさん自生していました。

20190613_115415 - コピー.jpg

ついに山頂です。
1055メートルの地。360度見渡せる特別な場所です。

20190613_115753 - コピー.jpg

20190613_115932 - コピー.jpg

山頂の脊振神社上宮は正に天空の神社。祠があるのみですが。
平安、鎌倉の坊が林立していた時代が想像できる気がします。

20190613_115847 - コピー.jpg

すぐ下の平たくなったところは、
もとの龍神池で龍が住んでいたという伝説があります。

20190613_123303 - コピー.jpg

20190613_123236 - コピー.jpg

米軍がテニスをするために池は埋め立てられたといいますが、
片隅に少しだけ残されています。

帰りは早良区のほうへ降り、
脇山の主基田跡に立ち寄りました。

20190613_152438 - コピー.jpg

脇山公民館では昔の記録映像を見せていただき、
当時のご苦労が推察できました。

20190613_160309 - コピー.jpg

脊振の美味しい水で作られる脇山のお米は
産直の「ワッキー主基の里」で入手できました。

20190613_163842 - コピー.jpg

20190613_183505 - コピー.jpg

20190613_114129 - コピー.jpg

posted by 理乃 at 23:38| Comment(0) | 佐賀県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする