2019年12月13日

2019.11.17日田豆田町と耶馬渓のたびavec クリスG裏耶馬渓・後藤又兵衛の墓

耶馬渓の旅、やっとラストです。
深耶馬渓の一目八景を見たあと、
裏耶馬溪まで足を延ばすことにしました。
メイプルファームロード耶馬を通ると、
七福神が並んでいるような七福岩がありました。
そして深耶馬渓トンネルへ入っていきます。
ここからは行き交う車はほとんどありません。
途中災害の跡も生々しいところもありました。
合格祈岩、猿の飛岩を過ぎると集落がありました。

20191117_165128 - コピー.jpg

背後に奇岩がそそり立つ集落です。
とある看板が目に飛び込んできました。

20191117_164416 - コピー.jpg

後藤又兵衛の墓?
え? なぜここに? と思ったので寄ってみました。

20191117_164438 - コピー.jpg

話せば長いことらしい・・・。
気になる方のためにかいつまんでご紹介。
後藤又兵衛は父の死後、黒田勘兵衛の父に引き取られました。
秀吉の九州征伐の際には黒田官兵衛について南下し、
功績を上げました。
黒田官兵衛、長政父子が博多へ入ると
黒田24勇士の猛将として大隈城主となるものの、
黒田親子と上手くいかなくなり浪人となります。
大阪の陣では秀頼側について戦功がありましたが
討ち死にしたと伝えられています。
しかし大坂の陣の敗戦後、
ゆかりのあったこの地へ落ちのび、
豊臣家再興を期していましたが、
豊臣家廃嫡を知り自刃したという説があるのです。
時が過ぎて自刃した武士が後藤又兵衛であったことを知った村人たちが
この墓を建てたということです。

20191117_164448 - コピー.jpg

いっぱい食べて、いっぱい見て、
歴史に触れた耶馬渓の旅はとても楽しいものでした!

posted by 理乃 at 17:29| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする