2020年02月26日

「言の葉の庭」 新海誠

ブレイクタイムにプライムビデオで新海誠監督の「言の葉の庭」を見た。
靴職人を目指す高校生タカオと年上の女性ユキノの物語。
雨の日にしか出会わない二人。
その雨の描写が素晴らしい。
タイトルが表すように万葉集が引用される。

学校の黒板に教師が書く歌は旅人の
「世の中は 空しきものと 知る時し いよよますます かなしかりけり」。

古典の教師であるユキノが口にするのは

「鳴る神の 少し響(とよ)みて さし曇り 雨も降らぬか きみを留めむ」。

そしてタカオはユキノに

「鳴る神の 少し響みて 降らずとも 吾は留まらむ 妹し留めば」

を返す。

〜雷が少し響いて空が曇り、雨が降らないかしら。
あなたにここにずっといてほしいから〜

〜雷が少し鳴って雨が降らなくたって、
ぼくはここにいるよ。
君が引き止めるのなら〜

現代でもちっとも変わらない万葉の人々の恋心。

言の葉の庭 - 新海誠, CoMix Wave Films
言の葉の庭 - 新海誠, CoMix Wave Films
posted by 理乃 at 18:42| Comment(0) | ★CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする