2020年06月29日

わかめのナムル

太宰府市の広報誌に掲載されていたわかめのナムルを作ってみました。
ピリ辛でとても美味しかったです。
わかめときゅうりだと、いつもは酢の物ばかりだけど、
ちょっと変わっていていいです。

20200627_190641 - コピー.jpg

◆材料(4人分)
きゅうり1本
塩 少々
わかめ ひとにぎり
深ねぎ 1/2本
ごま油 小さじ1

酒 小さじ1
醤油 小さじ1
一味唐辛子 少々
ごま

◆作り方
@わかめを水で戻し、塩気をしっかり取って水気を切る。
Aきゅうりを薄く輪切りにいて塩を振り、しんなりしたら水気を切る。
B深いねぎをみじん切りにする。
C酒、醤油、一味唐辛子を混ぜる。
Dフライパンにごま油を熱し、ねぎを炒める。
EDにきゅうりとわかめを加え、軽く炒める。
FEにCを回しかけ、汁気がなくなったらごまを振りかけて完成。
posted by 理乃 at 11:44| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

はりがね

大野城総合公園そばのオーダー家具の「はりがね」さんに行きました。

20200624_153133 - コピー.jpg

まな板を削っていただけるという情報を得ていたので。
初めて行く「はりがね」さんはセンスあるオリジナル家具があり、
ときめきます。

20200624_153602 - コピー.jpg

まな板削りはなんと550円。
ピカピカの木肌が戻りました。
二枚目のまな板も持って行くつもりです。

◆はりがね
https://harigane-furniture.com/
posted by 理乃 at 18:06| Comment(0) | 福岡県大野城市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

七夕神社

季節はどんどん移ろいゆき、
七夕も近づいてきました。
こちらは3月に行った小郡の七夕神社。

20200324_161641 - コピー.jpg

正式名は媛社(ひめこそ)神社。
歴史は古く8世紀の「肥前風土記」の中に由来が出てきます。
その由来とは以下のとおりです。

「山道(やまじ)川の西岸に荒ぶる神がいて、
通行人の半分を殺していた。
そこで荒ぶる神が祟る理由を占うと、
“わが社を立てて宗像の珂是古(かぜこ)に祭祀を行わせよ。
そうすれば荒ぶる心は起こさない”という結果が出た。
珂是古は幡を掲げて祈祷し“神が私の祈祷を望むなら、
この幡は風に飛ばされて、その神のそばに落ちよ”と言った。
すると幡は媛社の杜に落下し、再び飛んで山道川のほとりに戻ってきた。
また珂是古は機織りの道具に押さえつけられる夢を見た。
これで神の場所と神が女神であることを知った珂是古が祭祀を行い。
人々は当地を安全に通れるようになった。ここからこの地を媛社と呼ぶ」

20200324_161654 - コピー.jpg

20200324_161707 - コピー.jpg

20200324_161735 - コピー.jpg
ラベル:七夕神社
posted by 理乃 at 12:46| Comment(0) | 福岡県小郡市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

赤紫蘇ジュース

20200620_160158 - コピー.jpg

スーパで赤紫蘇を見つけたので、
早速赤紫蘇ジュースを作りました。
できたジュースは絶品。
この季節になくてはならない健康ドリンクです。

■赤紫蘇ジュースレシピ

赤紫蘇 2束(500g)
水 1500cc
砂糖 500g
レモン汁 1個分(またはリンゴ酢 200cc)

@水を沸騰させる。
A@の間に赤紫蘇の葉をちぎって洗う。
Bお湯に洗った赤紫蘇を入れる。
10分ほど煮て、赤紫蘇を取り出す。
取り出した赤紫蘇にはまだ水分が残っているので
ざるに入れて絞って水分を鍋に戻す。
C砂糖を加えて混ぜ、レモン汁(またはリンゴ酢)を加える。
にごった紫が透明に変わる。
D容器に移し替えるとき、茶こしでこす。

冷やして、このまま飲んでもいいし、
炭酸で割ってもいいでしょう。
お酢が苦手な方は酢の料を少し減らしてもいいかも。
posted by 理乃 at 16:47| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

天拝山歴史自然公園のあじさい園

平成27年に完成した天拝山歴史自然公園のあじさい園。

20200616_160950 - コピー.jpg

こんなに見事になってました。

20200616_162144 - コピー.jpg

20200616_162236 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:51| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

梅ジュース

これまで梅は梅酒と甘露煮しか作ってこなかったのですが、
今年は梅ジュースにもチャレンジしてみました。
1ヶ月後の出来上がりが楽しみです。

20200612_211445 - コピー.jpg

◆材料
青梅1kg
氷砂糖1kg

◆作り方
@貯蔵瓶に熱湯を注いで傾けて全体に回し、消毒する。
A青梅のへたを爪楊枝でとりながら、一個一個丁寧に洗う。
BAの水気をキッチンペーペーで拭き取る。
Bをビニール袋に入れ、冷凍庫に一晩入れる。
*凍らせて梅の繊維を壊してエキスを出しやすくするため。
C冷凍庫から出した梅を水気を拭き取った瓶の底に敷く。
その上に氷砂糖を置く。
DCを繰り返す。最後は氷砂糖を載せて終わり。
E冷暗所に保存し、できれば毎日瓶をゆする。
一ヶ月後、萎びた梅を取り出して完成。

20200613_110139 - コピー.jpg
ラベル:梅ジュース
posted by 理乃 at 12:10| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

玉ねぎステーキ

玉ねぎがゴロゴロあったので、玉ねぎステーキを作りました。
料理すると甘―くなる玉ねぎ。たまりません💕
玉ねぎ好きさん、ぜひどうぞ!

玉ねぎステーキ - コピー.jpg

・材料

玉ねぎ2個
バター 30グラム
醤油
砂糖
ニンニク 一かけ

・作り方

@フライパンにバターを入れ溶かす。
A@に輪切りにした(4等分)玉ねぎを入れ、
 弱火で両面を焦げ目がつくまで焼く。
 *ひっくり返すとき、玉ねぎの形が崩れないように注意してね!
B両面焼き色がすっかりついたら水を入れ、
 蓋をして全体がしんなりするまで蒸し焼きにする。
C砂糖、醤油、おろしニンニク、塩、胡椒を混ぜ合わせ、
 Bにかけ、
 飴色のつやが出るまで熱すれば出来上がり!
posted by 理乃 at 16:44| Comment(0) | ★簡単レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

モンテ・パラティーノ@筑前町

ローマの七丘のうち、最も古いパラティーノ。
そんな名前がついたイタリアンレストラン。
筑前町の刈り取りが始まった黄金色の小麦畑を抜けて車を走らせました。

20200601_145750 - コピー.jpg

モンテ・パラティーノは田園に囲まれた集落の中にありました。
美しい緑に囲まれた邸宅レストラン。
出てきたお料理はどれもこれも文句をつけるところのない美味しさ。

20200601_133500 - コピー.jpg

20200601_134014 - コピー.jpg

20200601_134923 - コピー.jpg

パスタは茹で加減もちょうどよく、
トマトソースは抜群に美味しかったです。

20200601_140131 (1) - コピー.jpg

デザートも三種でどれも満足するもの。

20200601_142155 - コピー.jpg

緑に埋没したお庭を眺めているだけで、
癒やされます。

20200601_133742 - コピー.jpg

筑前町のパラティーノはすてきなところでした。

20200601_145717 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:44| Comment(0) | 福岡県朝倉郡筑前町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泉都二日市の光

昨日の夜、二日市温泉のアイビーホテル筑紫野で開催された
「泉都二日市の光」に行ってきました。
主催はこれまで温泉街のにぎわいを目指して
数々のイベントを行ってきた「おんせんアートプロジェクト」。
コロナ終息を願ってのイベントです。
今頃の夜の散歩は格別。
それが温泉街であったらなおさら。
逢魔ヶ時から次第に暗さを増していく泉都。
夏目漱石も訪れた温泉街です。

20200531_200352 - コピー.jpg

温泉の湯気のようなオブジェがホテルの下層部に置かれ、
上階には筑紫野カラーの紫がゆらぎました。

20200531_194403 - コピー.jpg

泉都二日市という言葉はかつてJR二日市前の標識に使われていました。
レトロな響きに、逢魔ヶ時にふさわしい情緒を取り戻してほしいと願いました。
posted by 理乃 at 10:52| Comment(0) | 福岡県筑紫野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする