2020年09月06日

2020.8.25伊都国巡りG雷山千如寺大悲王院

大楓で有名な雷山千如寺に行ったのは40年ぶりくらいでした。

20200825_162316 - コピー.jpg

さすが、古代に栄えた国があった糸島。
寺伝によればとんでもなく古いお寺です。
仏教伝来以前の成務天皇48年(178年)、
天竺(インド)の僧、清賀が渡来し、
開創したとされています。
鎌倉時代には元寇に対する祈祷寺院となり、
再盛期には300の坊があったそうです。
雷山は雷神を祀る中宮のほか、上宮、下宮があり、
三宮を司っていたのが千如寺で、神仏習合の山でした。
明治維新の神仏分離令で中宮にあった仲之坊は廃寺。
本尊をはじめ仏像、古文書などは大悲王院に移されました。

20200825_125300 - コピー.jpg
本尊。十一面千手千眼観音像。鎌倉時代。丈六仏

20200825_162412 - コピー.jpg
開山堂への階段

20200825_165252 - コピー.jpg
五百羅漢

20200825_165217 - コピー.jpg
開山堂。国宝富貴寺大堂の様式を参考に、平成2年に再建されました。

20200825_165324 - コピー.jpg
開山堂。内陣には清賀上人座坐像が安置されています。
posted by 理乃 at 14:49| Comment(0) | 福岡県糸島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする