2020年10月14日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅E下田温泉朝のそぞろ歩き

下田温泉に宿泊した朝、お散歩しました。

20201009_070331 - コピー.jpg

潮の香りのする下津深江川は空の青を映して美しかったです。

20201009_070947 - コピー.jpg

20201009_071215 - コピー.jpg

歩道に変わったオレンジの石が使われていて、
これが天草陶石なのだと知りました。

20201009_071554 - コピー.jpg

下田温泉はこの天草陶石層から湧出しているそうです。
天草陶石はマグマが冷えて固まったもの。
天草陶石は有田焼をはじめ全国の陶器の原料の8割を占める良質な陶石です。

「五足の靴」(1907年に発表された紀行文)の一行
(北原白秋、平野万里、吉井勇、与謝野 鉄幹、木下杢太郎)も下田温泉に立ち寄っているため、
通路に五足の靴から取られた文章が紹介されていました。

20201009_065513 - コピー.jpg

一行は長崎茂木港から富岡港(苓北町)まで船で渡り、
富岡に泊まり、
翌日大江まで約32kmを歩いて行きました。
橋もない時代、天草は遠い異国のような地であったことでしょう。

20201009_070056 - コピー.jpg
足湯

20201009_065916 - コピー.jpg
レトロなデザインの下田温泉観光案内所

20201009_071717 - コピー.jpg
下田温泉神社

20201009_065428 - コピー.jpg
伊賀屋。
浴槽に天草陶石が使われています。
伊賀屋は『ミシュランガイド熊本・大分2018 特別版』にも掲載されていて、外観もすてき。

温泉街の旅情を噛みしめた早朝のお散歩でした。
posted by 理乃 at 13:02| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする