2020年10月22日

2020.10.8〜9天草キリシタンの旅Iア津教会

旅のクライマックスはア津教会。

20201009_102730 - コピー.jpg

2018年に世界遺産に登録された
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成遺産のひとつ。
小さな漁村の集落に忽然と現れ、「海の天主堂」とも呼ばれています。

20201009_100858 - コピー.jpg
対岸の教会公園からの眺め

鉄川与助設計のゴシック様式の教会です。
1934年(昭和9年)にフランス人宣教師ハルブ神父の時代に再建されました。
ハルブ神父の希望で、
絵踏みが行われた吉田庄屋役宅跡が選ばれたとのこと。
絵踏みが行われた場所に祭壇が配置されたと言われています。
堂内は畳敷き。
ゆっくりと滞在し、
漁村をくまなく歩いて潜伏キリシタンの歴史を振り返ってみたい場所です。

20201009_100917 - コピー.jpg

*天草宝島観光協会HP参照
posted by 理乃 at 12:19| Comment(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする