2021年01月03日

2020.11.24ゆふいん・耶馬渓散策D御霊もみじ

この旅に出かけたのは「御霊もみじ」(中津市耶馬溪町)が見たかったからでした。

20201124_165316 - コピー.jpg
かつてこんな急勾配、踏み面の狭さは見たことがない。転げ落ちる人がいると聞き上るのは断念。

黒田官兵衛・長政父子が中津に入部した際、
黒田長政は、鎌倉時代から豊前を治めていた
宇都宮(城井)鎮房(しげふさ)を中津に招き、
心許したと見せかけて酒宴の席で謀殺。
さらに合元寺(赤壁)で鎮房の家臣を殺害しました。
このとき12人の侍女たちは耶馬溪まで落ち延びました。
しかし、追手に追われて命を落としたという伝承があります。
人々は憐れんで神社を建てて御霊を慰めました。
秋は参道両側のもみじが美しく色づき、
幻想的な光景は凄惨な戦国の歴史を癒やすかのようです。

20201124_170358 - コピー.jpg
迂回して来ました。見上げるだけで、誰も上がってきません。

20201124_170255 - コピー.jpg
もみじは最盛期を過ぎていましたが、それでも美しい・・・。

20201124_170417 - コピー.jpg
さらに階段を上ります。

20201124_165838 - コピー.jpg
御霊八幡宮がありました。

*日本遺産 やばけい遊覧 ・福岡県築上郡吉富町HP参照
posted by 理乃 at 12:46| Comment(0) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする