2021年02月01日

「陶王子2万年の旅」柴田昌平監督

20210201_135936.jpg

太古の人々は粘土を見つけ、形をつくって遊びました。
木の葉や貝殻の形を押し付けると、
写真のように自然を写し取ることができました。
やがて炎と出合った土。
焼くと形をとどめておくことができるようになりました。
炎の形の縄文土器、炎の色を映した土器。
青い器が生まれ、白く輝く器も生み出した人類は
地球を回る宇宙船の素材まで、
遥かな時間を費やして焼き物を進化させてきました。
そのめくるめく感動を閉じ込めた
アーティスティックなドキュメンタリー映画。
ナビゲート役の陶王子の造形はゴン・シュエ。
絶賛オススメの一作です。
単なる陶磁器映画ではありません、
壮大な人類の探求の物語です。
コロナ禍の今、生きる勇気をもらえるでしょう。
posted by 理乃 at 15:42| Comment(0) | ★CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする