2008年08月02日

長府・下関紀行 その5 長府毛利邸

巧山寺近くにある「長府毛利邸」。

mooritei1.jpg

長府毛利家14代当主の毛利元敏公が
東京から下関に帰住して建てた邸宅です。
明治31年に起工し明治36年(1903)に完成後、
大正8年(1919)まで使用されました。
明治35年には明治天皇が宿泊しています。

mooritei2.jpg

武家屋敷造りの母屋と白壁に囲まれた日本庭園を見ることができます。

mooritei3.jpg

母屋の各所には大ぶりのお花が生けられています。

お花のあしらいがとてもお上手です。
お茶もいただけます。

mooritei4.jpg

このお部屋のお花は栗と桔梗です。


---PR----------------------------------------
かわいい 暑い夏。いえ、暑すぎる夏。マイ水筒を持ち歩きましょう。


posted by 理乃 at 01:30| Comment(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: