2008年08月11日

長府・下関紀行 その9 下関あれこれ

9回にわたってお届けしてきた長府・下関紀行ですが、
旅の終わりは下関で過ごしました。

最後に下関で見聞したものをまとめてご紹介します。

shimonoseki9.jpg

これは関門国道トンネルの人道トンネルの入口。
ここを通れば歩いて門司に行けます。
数年前歩いてみたとき、
ジョギング・ウォーキングコースとして地元の人が使っているのを見ました。


kaikyokan1.jpg

唐戸地区の「市立しものせき水族館 海響館」。
シロナガスクジラの骨格標本があります。

karatogintengai.jpg

唐戸銀天街です。


唐戸地区はレトロ建築も見られます。

shimonoseki3.jpg

旧秋田商会ビル(下関観光情報センター)。
大正4年建築の西日本初の鉄筋コンクリート造りのビル。

shimonoseki7.jpg

旧下関英国領事館。
明治39年(1906)建築。

shimonoseki1.jpg

shimonoseki4.jpg

shimonoseki8.jpg

下関南部(なべ)町郵便局。
明治33年(1900)建築。
国内最古の現役郵便局。

shimonoseki4.jpg

金子みすずの詩碑。
(クリックすると大きくなります)
明治36年(1903)に山口県長門市で生まれた
童謡詩人、金子みすずは
大正12年(1923)に下関の上山(うえやま)文英堂本店に移り住み、
創作活動を行いました。
そのため唐戸地区にはみすずのゆかりの地に詩碑が設置されています。


kujirakan1.jpg

くじら料理の店「くじら館」。
実はこの小旅行の目的はここでの打ち上げ会でした。
それまでにずいぶん濃密な観光をしてしまいました。

kujirakan2.jpg

前菜。
くじらのいろんな部位が出てきました。

kujirakan3.jpg

たつた揚げ。これが一番好きでした。

kujirakan3.jpg

お刺身。

kujirakan5.jpg

ごはん。

ganryuyaki.jpg

駅でお土産の「巌流焼き」を買いました。
白あんのドラ焼きで、美味しかったです。

1日の観光でしたが、
長府も下関も歴史が深い町でとても楽しめました。


(長府・下関紀行 了) 



---PR----------------------------------------
かわいいピノキオのじょうご。こんなじょうごだったら、キッチンに出しておいても夢があります。


ラベル:下関
posted by 理乃 at 00:35| Comment(2) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
下関旅行記、拝見いたしました。

小倉〜門司港〜下関〜長府〜小月は
私のママチャリサイクリングコースなので
見慣れた景色がたくさん。楽しませて
いただきました。

関門人道トンネルは確かに地元の人々の
ジョギング・ウォーキングコースとして
にぎわっています。自転車やバイクも
通行できます。トンネル内では自転車は
押して通行しないといけなくて、乗ろうと
するとその瞬間に「乗ったらダメです」
とアナウンスされてしまいます。

今はこの暑さなので自転車での遠出は
控えていますが、もうちょっと涼しく
なったらまた走る予定です。
Posted by MVB at 2008年08月24日 09:38
MVBさま

長府・下関紀行見ていただき、ありがとうございます。
とても楽しい小旅行でした。
関門人道トンネルは監視カメラがあるのですね。
秋になると、サイクリングもまたすてきですね。
Posted by 理乃 at 2008年08月24日 11:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: