2008年10月01日

長崎trip その2 「長崎県美術館」

忙しくてなかなかご紹介できずにいましたが、
長崎trip の続きです。

nsagasakimuseum2.jpg

今日は長崎県美術館をご紹介します。

うわさには聞いていた長崎県美術館、
やっと行ってきました。

運河に沿って建つ外観は現代的。

nagasakimuseum1.jpg

nagasakimuseum5.jpg

屋上にも出てみます。
そこは緑の広い空間になっていて
港が目の前。

nagasakimuseum6.jpg

nagasakimuseum4.jpg



訪れたときは企画展をやっていない時期だったので残念。
長崎らしいと思ったのはスペイン絵画のコレクション。

10月3日からは彫刻家・舟越保武(1912〜2002)展が開催されるので、
お好きな方は見てはいかがでしょう。
代表作は「長崎26殉教者記念像」(第5回高村光太郎賞)、
「原の城」(第3回中原悌二郎賞)など。
この方、1941年にわたしの愛する松本竣介と二人展も開催しています。

ひととおり見て回ったらカフェで休憩もできます。

nagasakimuseum8.jpg

わたしはカフェで昼食をとりました。

nagasakimuseum7.jpg






ラベル:長崎県美術館
posted by 理乃 at 13:57| Comment(2) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
立地条件、モダンな建物、ゆったりしたスペース、どれも素晴らしいですね。私も、スペインの絵画は長崎にマッチしていると思います。
Posted by なでしこ at 2008年10月01日 21:59
なでしこさん、こんばんは。

そうです。素晴らしい立地に建物です。
たとえばトイレのマークとか、
そんな細部もスマートでグッドデザインなのでした。
Posted by 理乃 at 2008年10月01日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: