2008年10月24日

長崎trip その3「出島」

ずいぶん間が飛んでしまいましたが、
長崎tripの続きです。

今回は出島をご紹介します。

鎖国時代、世界に開かれていた唯一の窓口だった出島。
歴史の教科書に出てくる出島は
海に突き出ていますが、
今の長崎では市街地の中に埋もれてしまっています。
周囲は埋め立てられてしまったのですね。
でも、中の方は復元が進められています。

平成12年には「へトル部屋」を初めとした5棟、
平成18年には「カピタン部屋」「乙名部屋」「拝礼筆者蘭人部屋」
「三番蔵」「水門」の5棟が完成しています。
しばらく長崎を訪れていない方には
ずいぶん様変わりした出島を見ることができると思います。

さあ、今の出島をご覧ください。

dejima2.jpg

dejima3.jpg

dejima4.jpg

dejima5.jpg

dejima6.jpg
旧出島新学校。
明治11年(1878)に建てられた日本最古のプロテスタントの新学校。
現在1階は出島売店、2階は体験展示室となっています。

dejima7.jpg
ミニ出島。
昭和51年に制作された出島の15分の1の模型。

dejima8.jpg

dejima9.jpg


dejima1.jpg
黄昏の出島

dejima10.jpg

最後はミュージアムショップで買った龍馬の絵葉書です。
今、わたしの机の前に飾られています。

---PR----------------------------------------
かわいいパステルカラーの置時計


ラベル:出島 長崎
posted by 理乃 at 21:51| Comment(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: