2008年10月27日

唐津trip その1 虹の松原 

8月と10月に訪れた唐津。
まとめて唐津情報をお伝えします。

まず唐津に入るときに通る虹の松原を。

nijinamatubara.jpg

豊かな松原、虹の松原。
唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が防風・防潮林として
植林したのが始まり。
全長5km、幅1kmにわたる美しい松原です。
三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つ。
国の特別名勝です。

matubaraya.jpg

中ほどに産直のお店ができています。
「地彩館 松原屋」(TEL:0955-79-5833)

matubaraokoshi.jpg

これは「松原おこし」。
昔ながらの手作りおこし。
黒砂糖がたっぷり振りかけられていて美味。

keran.jpg

これは「けいらん」。
浜玉米のうす引き粉を蒸して薄くついた生地で
餡を巻いたお菓子。
朝鮮出兵の際、秀吉に地元の人が献上したものが始まりだそうです。
「けいらん」は「帰らん」という意味。
「勝つまで日本に帰らん」という言葉から来ているのだとか。

yobukogeree.jpg

これは「呼子甘夏ジュレー」。

yobukogeree2.jpg

本物の甘夏の皮に包まれたぷるぷるのジュレ。
大好きで、いつも手が伸びてしまいます…。

santoka.jpg

「地彩館 松原屋」の前には山頭火の碑があります。
「松に腰かけて松を観る」と彫られています。
昭和7年1月19日の昼下がり、
種田山頭火はここを訪れています。

さて、先を少し進んでみましょう。
すると「からつバーガー」の車がとまってます。

karatuburger.jpg

karatuburger2.jpg

普段はバーガーというものは食べないわたしですが、
からつバーガーは別。

karatuburger3.jpg

チーズバーガー 340円。
女性に人気のバーガー。
店頭で頼んで、あとは車の中で待っていれば
お店の人が車まで運んでくれます。
美味しいです!
あー、思い出して小腹がすいてきました。

posted by 理乃 at 22:36| Comment(0) | 佐賀県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: