2008年11月13日

久留米の水天宮

久留米の水天宮は全国水天宮の総本宮。
久しぶりに訪れました。

suitengu1.jpg

創建は建久年間(1190〜99)。
平家が壇ノ浦の戦いで破れたのちに、
官女按察使局(あぜちのつぼね)が
筑後川の辺りに逃れて祀ったもの。
現在の地に移ったのは
慶安3年(1650)、2代藩主有馬忠頼公の時代だそうです。

5月3日から7日まで開催される春大祭は
多くの氏子や参拝客で賑わいます。

suitengu3.jpg

春大祭の「御神幸祭」に使われる「御座船」が
筑後川に浮かんでいました。

suitengu4_4.jpg

御座船の絵馬。

suitengu5_1.jpg

大きな銀杏の樹があります。
(※写真は11月5日)

suitengu2.jpg

水天宮から筑後川の流れを見るのは
気持ちいいです。




---PR----------------------------------------
かわいいエッフェル塔のワンポイントがかわいいダイアリー


ラベル:水天宮
posted by 理乃 at 20:38| Comment(3) | 福岡県久留米市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水天宮、思い出します。大学時代、卒論が真木和泉守の研究だったのでよくお世話になりました。幕末維新の志士の一人です。
Posted by おいどん at 2008年11月14日 17:29
おいどんさま、こんばんは。

卒論、真木和泉守だったのですね。
真木和泉守の像は水天宮で見ました。
Posted by 理乃 at 2008年11月15日 00:33
はじめまして。
久留米市で検索してココにきました。
まだブログを始めたばかりですが、よろしくお願いします。
Posted by かるぽん at 2009年10月10日 09:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: