2009年05月04日

進駐軍の弾薬箱

danyakubako4.jpg

これは進駐軍の弾薬箱です。
今、うちの裏庭にあり、
もうじき捨てられる運命にあります。
庭に放置されていて、ついに底が抜けたので、
家族がゴミ出しの連絡をしてしまったのです。

これって戦後の遺物…。
ぼろぼろだけど、捨ててしまっていいの?
って思うのはわたしだけらしく、
家族に訴えても捨てる意思は変わりません…。
せめて捨てられる前に写真だけでも…もうやだ〜(悲しい顔)

danyakubako5.jpg

戦後の記憶を残す弾薬箱…。
どうしてこんなものがあるのかって?
わたしにとっては物心ついた頃から、
中に父の書籍が詰まった本箱だったので
何の違和感もないのですが、
はたから見たら不思議ですよね。

これは今の舞鶴公園のあたり(? 記憶が不鮮明でごめんなさい)から、
どういう経路か、かつて家族が持ってきたもの。
舞鶴公園にはかつて陸軍第12師団歩兵第24連隊の基地がありました。
福岡の戦後史については詳しくありませんが、
敗戦後、おそらく進駐軍が占領したのではないのでしょうか??
朝鮮戦争で負傷した米軍の兵士たちが
ここに運ばれてきたと聞いたことがあるような気がするのですが…。
(間違ってたらごめんなさい。これを持ってきた家族は他界しています)

danyakubako3.jpg

よく見ると箱には爆弾の絵が描かれています。

danyakubako2.jpg

上蓋に「explosive bombs (爆弾)」と書かれています。

さよなら、かつての弾薬箱。
そして大好きだった父の本がいっぱい詰まっていた
父の思い出いっぱいの本箱…たらーっ(汗)


posted by 理乃 at 12:57| Comment(2) | ★日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜、これは誰か欲しい人がいたかもしれないですね〜
うろ覚えなんですが、大濠公園で米軍の人が
水上機をボート代わりに遊んでた…とかいう話を聞いたことがあります。


(別日の話ですがたまごボーロ大好きです。前田のボーロがNo.1!)
Posted by F at 2009年05月04日 22:59
Fさま

6日にお別れです…。
底は抜けてます…。
進駐軍関係の遺構とか、よろしく…。

たまごボーロ、最近こそ食べなくなったけど、
わたしも好きでよく食べてましたよw
Posted by 理乃 at 2009年05月04日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: