2009年07月05日

「愛を読むひと」

早めに夕食をとったあと、
大野城ワーナ・マイカル・シネマズに「愛を読むひと」を見に行きました。

15歳の少年と大人の女性のひと夏の情事…。
けれど女性には隠された過去が…。
過去の事実のために刑務所に収容された女性に
大人になった彼は、
情事の日々に彼女に文学作品を朗読していたように
声を吹き込んで送り続けます。

時が過ぎても変わらない愛に
見る人は涙を流すでしょう…。
恋は一時のもの。
そして愛は長く続くもの。
少年の恋はただの情事ではなかった。
人生を変えてしまうほど、強いものだった…。
だからこそ、この映画は胸に響くのです。

主演の二人が
そんな愛の物語を好演しています。
ケイト・ウィンスレットとデヴィッド・クロス。

狂おしい恋が過ぎても
その人を深く愛す、
そんな人と人の不思議な絆を感じさせてくれる映画でした。

絆。
それは結ぼうとしても結べない
もどかしいもの。
だからこそ、結ぶことができた絆は大切にしたい。







ラベル:愛を読むひと
posted by 理乃 at 22:29| Comment(0) | ★CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: