2010年02月01日

「世紀末の美神たち」 高階秀爾

子どものころ、父はよく本をお土産に買ってきてくれました。
「小公子」「小公女」「ああ無情」「ヘレンケラー」…。

そして今朝、家族がかつての父のように本を買ってきてくれました。
本をもらうのは久しぶり。。。


世紀末の美神たち

世紀末の美神たち

  • 作者: 高階 秀爾
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1989/04
  • メディア: 単行本




世紀末に凝っていたのは20歳前後のこと。
この本に出てくるミューズたちも
20歳のころに出会っています。
頽廃という言葉に傾倒していた20歳のころ。
こういう青春のころに出会ったものたちに再会すると
けだるかった青春が甦ってきます。
posted by 理乃 at 01:11| Comment(4) | ★図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
頽廃という言葉に傾倒していた20歳のころ。
どんな20歳だったんですか(笑)
ところで、今日の西日本新聞の記事。
理乃さんでは?違ってたらゴメンナサイ。
Posted by mats at 2010年02月01日 23:32
>matsさま

アンニュイな二十歳でしたw
新聞は図星です。
忙しくて、ちょっと時期がずれてしまったんですけど、
どうしても書きたかったから。。。
matsさんにも知らせようかなと思ってたんですけど、
見つけてもらってよかったです。
Posted by 理乃 at 2010年02月02日 00:10
夜中に新聞探しましたよ。
みつけました(笑)
Posted by あんじん at 2010年02月04日 20:45
>あんじんさま

見つけてくれてありがとうw
分かってくれたんですね(*^o^*) ♪
Posted by 理乃 at 2010年02月04日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: