2010年04月04日

九重町ドライブ その2 白蛇・金蛇さまと豊後牛コロッケ

九重“夢”大吊橋をわたって北側に着きましたら、
ただで帰るわけには行きません。

わたしのねらいはほかにあったのですが、
ここで白蛇、金蛇の看板に遭遇。。。
白蛇さまは岩国で見た以来。
で、ちょっと寄ってみることに。。。

sirahebi_3.jpg

いらっしゃいました。
白蛇さま、そして金蛇さま。

そして、これからガイドの女性の詳しい蛇談義を拝聴することになるのです。。。

白蛇さまは青大将です。
日本最大の蛇。
おめめは丸く、よく見るとかわいくなってきます。。。
白蛇さまと金蛇さまは別々のケースに入っていたのですが、
白蛇様は水にお浸かりになってました。

金蛇さまの方はケースを縦に登っていきます。
体を何かに巻きつけて登るのではなく、
筋力の力なのでしょうか?
縦に登っていたかと思うと、
そのまま直角に体を曲げたり、
恐るべき身体能力です。

青大将は人とともに暮らしてきた蛇です。
農家ではネズミ捕りとして昔から大切にされていました。
昔の人は家の屋根に青大将を1匹、
わざと上げて置くほどだったそう。

1年に3、4回だったでしょうか脱皮を繰り返すそうです。
脱皮の前は目も白くなるということ。

そもそも、なぜここに白蛇さま?
なのですが、
それはこの地に龍昇伝説があるからなのでした。

詳しくは九重連峰龍昇院白蛇御参所ホームページで。
http://sirohebi.holy.jp/

「。。。え、えさは。。。?」というわたしの問いに
ガイドの女性は答えてくれたのですが、
それはヒミツにしておいた方がよさそうです。。。


たっぷり説明を聞いていたので時間がなくなってしまいました。

ほんとはこの上にある白鳥神社の狛犬(いるかどうかは不明)を捜索しに来たのですが、
橋の袂で待っている連れがいるため断念。。。
案の定戻ると大ブーイング。。。がく〜(落胆した顔)

siratorijinjya_1.jpg

白鳥神社は看板だけ。。。
(※クリックすると大きくなります)

さて、お昼にしなければ。。。

ということで人から勧められた「べべんこ」へ。
九重を見渡す丘の中腹にある農家レストラン。
べべんことは大分の方言で子牛のこと。
豊後牛が食べられるお店なんです。

benenco2_3.jpg

わたしは豊後牛コロッケ定食をオーダー。
スタンダードとカレー味の2個が出てきます。
どちらもビッグサイズでアッツアツ。
(ここ、ほんとは牛丼が有名らしいんですけどね。。。)

bebenco_2.jpg

豊後牛コロッケ定食 950円

bebenco3_1.jpg

こんな風景の中にあります。

bebenco4.jpg

馬くん、ひつじくんもいますね。

さあ、この九重のすてきな風景の中、
やまなみハイウェイを南下します。

ここで食べておきたいもの。
それはソフトクリームでしょ。

牧の戸峠で。
いただきま〜す。

bebenco5.jpg

ところで、白蛇さまをお参りしたご利益は??
今日、自宅の階段から落ちて打撲を負い、
足の爪も割れちゃったんですけど。。。
からだのふしぶしもイタイ。。。
ああ、やっぱり罰当たりなわたしなのね。。。

まだまだドライブは続きます。。。

■べべんこ
大分県玖珠郡九重町大字田野2407-1
TEL:0973-79-3110


posted by 理乃 at 23:58| Comment(4) | 大分県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このコロッケ、馬ロッケより美味そう。
空がかなりドンよりしてますが、雨は大丈夫でしたかー?
Posted by あんじん at 2010年04月05日 20:55
>あんじんさん

ここ、コロッケは美味です。
山は霧がかかっていたりしたけど、
雨はセーフでした。
Posted by 理乃 at 2010年04月05日 21:50
九重には何度も行ったのに龍昇院は知らんかった、餌が気になるなぁ・・。
自宅の階段から落ちるって、考えられんばい。ドタバタ走り回る人やろか(笑)。
Posted by むっちゃん at 2010年04月05日 22:51
>むっちゃん

龍昇院は今年からなので、
情報が新しいのです。
っていうわたしも現地で知ったんだけど。
階段から落ちたのは
2階をお掃除してて、暖房器具をしまおうと抱えて降りたから。
わたしは楚々としてますのよ(笑)
かなり打撲したんだけど、
翌日回復していたのは、やっぱり白蛇さまのおかげ?(笑)
えさはいつかどこかで彷徨っているときにむっちゃんと遭遇したら教えてあげます(^_−)−☆
Posted by 理乃 at 2010年04月05日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: