2011年05月02日

セルジュ・ゲンズブールを聴きながら家事を。。。

黄砂が飛ぶ春の日。。。
BGMはセルジュのこのCD。

ベスト・オブ・セルジュ・ゲンスブール-イニシャルSG- / セルジュ・ゲンスブール, ジェーン・バーキン, カトリーヌ・ドヌーヴ, ブリジット・バルドー (CD - 2005)

この中の「雪の下のマリル」(Marilou sous la neige)の
優しくも甘美なメロディーといったら。。。
溶けてしまいます。。。
「雪の下のマリル」は『くたばれキャベツ野郎』(原題:L'Homme à tête de chou)っていう
セルジュが1976年に発表したアルバムの中に入っているナンバー。
このアルバムはキャベツ頭の男とマリルーの物語というコンセプトで、
その中身を聞いたらおかたい方々の顰蹙を買ってしまいそうで、
とてもここではお話しできませんことよ。。。

「デカダンス」というジェーン・バーキンとデュエットしている曲も
好き。
バカンスで森の中のコテージかなにかで怠惰なときをむさぼっている感じ。。。

「神様はハバナタバコが大好き」はカトリーヌ・ドヌーヴとデュエット、
「ボニーとクライド」はブリジット・バルドーとデュエット。
ほんとに優男ぶりを発揮してますねぇ。。。
優男はきらいだけど、優男がつくり出す音は好きです。
posted by 理乃 at 15:41| Comment(0) | ★音楽なしでいられない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: