2011年11月17日

九十九島クルージング プチたび その5 九十九島せんぺい

ゆっくり、ゆっくりご紹介してきた「九十九島クルージング プチたび」。
ラストはお土産。

もちろん「九十九島せんぺい」でしょう。
このおせんぺいは、かなり美味しいです。

九十九島せんぺい1_1.jpg

小麦粉で作った亀甲型のおせんぺい。
それにピーナッツを九十九島の島々に見立ててちりばめています。
表にメレンゲを使って「九十九島」と書かれています。
パリパリしていて、とても美味しいので、
お土産品でしょと、侮ることなかれ。
ピーナッツを入れることに成功したお菓子の例でしょう。

九十九島せんぺい2_1.jpg
posted by 理乃 at 23:12| Comment(4) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お菓子のことには詳しいわけではありませんが、長崎県人で
せんぺいといえば、九十九島せんぺいでした。
ピーナッツの味と、カリッとした歯触りがとてもほどよくマッチし
て、上品な味ですね。
お勧めの一品です。
Posted by ari at 2011年11月17日 23:22
>ariさま

長崎県人でいらっしゃいましたよね。
お風邪を召されたようですが、
少しはよくなられましたか?
どうぞ、お大事に。
Posted by 理乃 at 2011年11月18日 00:07
子供の時、その頃
お金持ちだった
伯母ちゃんが持ってくる
お菓子が、カステラと
九十九島せんぺいでした。
上品でハイカラ(死語)な
感じがしました。
今でも食べる時、贅沢な
味がします。
Posted by mats at 2011年11月18日 01:36
>matsさま

歴史のあるお菓子には
思い出があるものですよね。
あーやっぱりお菓子はいいものですね(⌒-⌒)
Posted by 理乃 at 2011年11月18日 02:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: