2012年01月06日

江戸のたび その8 妖気! 穴稲荷

上野公園の一角にある花園稲荷神社。

創祀の年月は不明。
古くからこの地に鎮座して、
忍岡稲荷(しのぶがおかいなり)というのが正しい名称だそう。
かつては石窟の上にあり、穴稲荷ともいわれていました。

一度廃絶したお社は承応三年(約340年ほど前)に再建されています。
幕末は最後の激戦地(穴稲荷門の戦)ともなりました。

明治六年に再興されたとき花園稲荷と改名されています。

花園稲荷神社1_1.jpg

普通はここでお参りしておしまいかもしれません…。
でも、見つけてしまったのです。
穴稲荷と呼ばれていたころの場所を…。

そこは、どうもお穴様と呼ばれているようです。

穴と名のつくところは、こわいです…。

お穴様の左奥にはお社があり、
ここに寛永寺が出来る際、忍岡の狐が住むところがなくなることを憐れんで、
一洞を造って社を祀ったといわれています。

さて、では本殿の右上にある穴稲荷へと参りましょう…。

花園稲荷神社6_1.jpg

鳥居の前の狐たちもこわいです。

花園稲荷神社2_2_1.jpg

花園稲荷神社3_1.jpg

花園稲荷神社4_1.jpg

忍岡といい、石窟といい、
ここは江戸より遥か昔から何かがいたような気配がしてなりません。

狐が住むところがなくなったと憐れんだのに
穴にはフェンスが…。

この穴の向こうは時空を超えた
何か不可解なものが潜んでいるような気がしてならない
妖気漂う場所でした。

こわくて中はのぞけません…。

花園稲荷神社5_1.jpg
posted by 理乃 at 23:14| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: