2013年12月16日

『利休にたずねよ』

中洲大洋映画劇場_1.jpg

福岡の好きな劇場、中洲大洋映画劇場。
http://www.nakasu-taiyo.co.jp/history.php

ここで『利休にたずねよ』を見た。
利休という人がどういう人だったかはよく分かる映画…。
織田信長役の伊勢谷友介、石田三成役の福士誠治がいい。
中途で映画は利休の若き日の恋物語へ逆行する。
利休が恋した李王朝の血を引く高麗の女役クララがとてもよかった。
高潔な魂を表現していて美しい。
売り飛ばされ囲われ者になる予定の女を救いたい利休。
そして逃亡するのだが…。
若い利休と高麗の女は言葉が通じない。
けれど漢字で筆談する。
このシーンが好きだ。
語りたいのに言葉が通じない、
あふれる思いを漢字に重ねる。
生きて囲い者になるよりも死を選んだ女。
その美しさが利休を貫いた。

…と、これは映画上のお話ですね。

http://www.rikyu-movie.jp/

明日はまた知らない土地をうろつく予定です。
posted by 理乃 at 11:32| Comment(0) | ★CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: