2014年04月11日

朝倉 春のプチ旅 その2 朝倉橘広庭宮

さあ、朝倉の旅の2回目を続けます。

一度は訪れたいとかねがね思っていた朝倉橘広庭宮(あさくらのたちばなのひろにわのみや)。
飛鳥時代の斉明天皇の皇居だったと言われるところです。
斉明天皇というのは女帝で、あの天智天皇と天武天皇のお母さんです。

橘広庭宮1_1.jpg

古代日本が一大事を迎えたときのことです。
660年百済が唐と新羅によって滅ぼさます。
斉明天皇は661年日に博多にあったという磐瀬行宮(いわせのかりみや)に入ります。
そして移ったのがここ朝倉橘広庭宮。
百済復興の戦に備えたのですが、すぐに亡くなります。
この場所からは何も出てこないので特定されているわけではないようです。

橘広庭宮3_1.jpg

橘広庭宮4_1.jpg

橘の樹が植えられていました。

橘広庭宮2_1.jpg

そばにはこんな果樹園も。

橘広庭宮5_1.jpg

古代の歴史が眠る朝倉。
とても興味深いところです。
posted by 理乃 at 17:56| Comment(0) | 福岡県朝倉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: