2015年01月31日

北島三郎最終公演

ひさしぶりに博多座へ行きました。
なんと、北島三郎の最終公演のチケットをいただいたのです。
初演歌ライブ観賞。。。

20150127北島三郎_1_1.JPG

まず会場入口の人だかりにびっくり。
北島三郎さんも78歳です。
行ったのは千秋楽の少し前。

第1部はお芝居「国定忠治」。
有名なお芝居だけど、初めてストーリーを知りました。
女将さん役は星由里子。
忠治って実在の人物だったんですね。
本名は長岡忠次郎。江戸時代に上州国定村で生まれた侠客(きょうかく)。
女房おふじを演じたのは星由里子。声がよく通ります。

第2部はヒットメドレー。
ご自分で曲も作ってるんですね。
最後の二つの仕掛けがすごかったです。
「北の漁場」は幕が開くと、舟が出現。
大量のスモークが客席まで流れてきます。
まるで大波に揉まれるように舟は右に左に上下に揺れます。
その舳先で歌います。
バックには大量旗を掲げて荒波の中をこちらに向かってくる船団。
ほんとに船団にまぎれこんでいるみたいで臨場感たっぷり。

フィナーレはお馴染み「まつり」。
この仕掛けがまた唖然とします。
太鼓を叩いているのはTAO。
巨大兜の上の金の鯱に乗って現れた北島三郎。
これは唐津のおくんちから想を得たのでしょうか?
兜の両脇には白頭と赤頭の巨大連獅子が動きます。
北島三郎が乗った鯱は客席までぐうっと迫り出します。
そこへレーザーが飛び交い、踊り子たちが踊り狂い。
席は二階左手の一番前だったのでレーザー光線を上から見下ろす位置で
それもすごかったです。あっけ。。。

ということで面白かった舞台でした。
でも最終公演の千秋楽も終わってしまったので、
もう見られるものではないので、
いただいたチケットに感謝。。。
posted by 理乃 at 17:12| Comment(0) | ★観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: