2015年03月01日

竹への偏愛とデザインへの偏愛

機会があり洗練されたデザインを世に送り出している
デザイン事務所、カラマリ・インクのオフィスを訪ねた。

その場所は道路に面しているのに、スルーしてしまうわかりにくさ。
デザイン事務所だったらモダンなビルがステレオタイプかもしれないが、
カラマリ・インクが選んだ場所はそういうところじゃない。
表から見ると何の変哲もない建物だ。
それが、ガラガラと引き戸を引いた途端、
予想もしない空間が目の前に現れる。

カラマリ1_1.jpg

玄関に続く部屋がいきなり茶室だ。

床の間の天井は覗きこなまいと見えないけど、網代だ。

カラマリ10_1.jpg


欄間の独創的なデザイン。

カラマリ8_1.jpg

竹を割って繰り抜き、そこにもみじを刺している。
変わった欄間だ。
ここをすり抜ければ竹林がありそうな洒脱な感じ。

戦後すぐくらいに建ったらしいこの建物の装飾を手がけた人物は
竹にこだわった。
竹を偏愛した人物だったのか、もしくは竹が手に入りやすい人物だったのか。
謎だ。謎の建物だ。

カラマリ9_1.jpg

天井板にも竹が。
すべてを竹にするのではないこの使い方とは? 謎だ。

カラマリ12_1.jpg

廊下の天井にも竹が。

居間の欄間もこのとおり。
竹アートが。

カラマリ2_1.jpg

もちろん天井も。

カラマリ15_1.jpg

廊下の奥の物置のデザインも派手ではないが、手抜きがない。

カラマリ14_1.jpg

古いガラス窓。

カラマリ13_1.jpg

オフィスは2階にある。

カラマリ3_1.jpg

2階の廊下。

カラマリ4_1.jpg

カラマリ5_1.jpg

オフィスは障子を開けた16畳の広々とした空間だ。

なんて、すてきなオフィスだろう。

カラマリ6_1.jpg

3月1日に終了したばかりの九博の「古代日本と百済の交流」展のカタログも
ここから生み出された。

不思議な竹ハウスの住人たちによる
とんがったデザインを
これからも見続けていきたい。

◆カラマリ・インク
http://www.calamariinc.com/about








posted by 理乃 at 22:22| Comment(0) | ★ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: