2016年03月25日

K顧問と行く熊本装飾古墳ツアー その4 塚坊主古墳

ちょっと途切れていた「岸本顧問と行く熊本装飾古墳ツアー」です。
塚坊主古墳は玉名平野の最奥部にある6世紀初めに造られた装飾古墳です。

DSC_0393 - コピー.JPG

この先にあります。

DSC_0397 - コピー.JPG

前方後円墳です。
後円部には前室と奥室からなる複室構造の横穴式石室があります。
ここは度肝を抜かれました。
保護施設のあまりの立派さに。

DSC_0406 - コピー.JPG

入り口が自動ドアです。

DSC_0428 - コピー.JPG

しかも二重に。

DSC_0407 - コピー.JPG

この施設は3億円かかっているそうです。
公開は年に二回のみ。。。
レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を見たときのことを思い出しました。
あそこはもう一つ自動ドアがあったと思うけど。。。
さて、中に入ると玄室奥に屋根型の蓋を持つ石屋形が見えます。
盗掘で今は蓋石の一部が残るのみ。
側壁は安山岩の割石を小口積みした美しい石積みです。。

DSC_0420 - コピー.JPG

石屋形の内部に円文、三角文、菱形文が描かれています。

DSC_0425 - コピー.JPG

温度湿度を管理して、しっかりと守っています。

装飾古墳は全国に480基余り。
その大半が九州にあり、熊本県にはなんと全国の4割の180基余りが存在しています。
見れども見れどもまだあるという計算です(⌒-⌒)

所在地:熊本県玉名郡和水町瀬川
 ※ウィキペディア・案内板参照
posted by 理乃 at 23:08| Comment(0) | ★古墳らぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: