2007年06月03日

船乗り込み

6月1日、博多の町を歩いていると、
博多川に何やら幕が張られているのを見て、
はたと気づきました。
船乗り込みがあるのだと。
そこで早速見物することに。

「六月博多座大歌舞伎NINAGAWA十二夜」のため福岡入りした役者が
ご当地到着を船に乗ってお披露目する伝統行事。
博多座と大阪松竹座にのみ残る行事です。

白い紙吹雪が降る中、
九隻の船が川を下ります。
hune1.jpg
これは人間国宝の尾上菊五郎。
後ろにいるのは福岡市長。
「音羽屋っ!」という掛け声がかかり、
沿道は大賑わい!

これは尾上菊之助。
hune2.jpg
菊さまはとってもきれいです。

下船後、式典に駆けつけ挨拶をする演出の蜷川幸雄。
hune3.jpg
白い紙吹雪はどこから降ってくるのか、
ずっと降り続けてました。

なんとこの日は3万5000人がこの初夏の風物詩を堪能したとのこと。
賑々しいことはいいことです。
うーん、「六月博多座大歌舞伎NINAGAWA十二夜」。
見たくなっちゃいました。
菊之助も「シェークスピアと歌舞伎が核融合した」なんて言ってましたし。
posted by 理乃 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック