2016年05月18日

チェロ(フランソワ・サルク)とピアノ(成嶋志保)のデュオリサイタル

現在、フランス、ナント在住の素晴らしいピアニスト、成嶋志保さん。
わたしがニューカレドニアに滞在していたとき、
ニューカレドニア音楽院でピアノ教授をされていたということでご縁ができました。
このたび日本でチェロ(フランソワ・サルク)とピアノ(成嶋志保)のリサイタルをされます。
あいにく九州公演はありませんが、お知らせいたします。
東京・名古屋・新潟方面の方はどうぞ、よろしくお願いします。

フランソワ・サルク氏はフランスで今、最も注目を浴びているチェリストの一人。
詩情溢れる美しい繊細なピアニッシモ、途切れることのない、音へのすさまじい集中力、
そしてほとばしるエネルギーを持つ、素晴らしいチェリスト。
また、精力的な演奏活動のかたわら、音楽祭の企画、
複数の音楽院での後進の指導、子ども向けコンサート、
企業でのレクチャー・コンサートを行うなど、
世界をまたにかけ、多岐にわたる活動を繰り広げている音楽家でもあります。

一方成嶋さんはフランス滞在21年目。
ヨーロッパでピアノを学んだ方です。
さまざまな文化的刺激を受けてこられましたが、
最近それを「自分の言葉」として演奏で伝えていくか、
経験を活かして何かプロジェクトを立ち上げることはできないかと考えるようになられました。
音楽会に足を運んだことのない方や、
クラシック音楽と無縁の方にも、感動と安らぎ、
そして何らかのインスピレーションを感じとっていただけるような
「場」を創りだしたいという思いが、次第に募ったとのこと。
その思いは、ここ数年、世界の各地、
とくにフランス社会が様々な困難を抱え、社会不安が高まってきていることから、
特にに強くなってきているのかもしれないとおっしゃっています。

今回の「デュオ・リサイタル」はそのプロジェクトの一環ということです。
機会あればどうぞ!

2016-06-09 et 12.jpg

2016-06-11 nagoya.jpg

chirashi-ura.pdf
posted by 理乃 at 14:32| Comment(0) | ★音楽なしでいられない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: