2016年08月13日

2016.8.2大川のたびC小保地区・立花藩

大川には古い町並みが残っています。
旧有馬藩の摂津と旧立花藩の小保地区。
二つの地区は藩境で昔は争いが絶えなかったとか。
今回は小保地区を散策しました。
まず昭和初期の町家で営業している「パリ・モンスリー」。

DSC02338 - コピー.JPG

パン屋さんです。

うるし屋さんもありました。

DSC02345 - コピー.JPG

DSC02346 - コピー.JPG

続いて天保年間に作られた緒方家の武家屋敷。

DSC02340 - コピー.JPG

そして旧吉原家。

DSC02347 - コピー.JPG

吉原家は江戸時代に旧柳河藩小保町の別当(町役人)を代々務め、
後に蒲池組(旧柳河藩の行政区分)の大庄屋となりました。
主屋は文政8年(1825年)に吉原三郎左衛門三運によって
建築されたと考えられています。

DSC02354 - コピー.JPG

DSC02360 - コピー.JPG

見どころは、彫刻欄間などに見られる細部にまでこだわった職人技。

DSC02370 - コピー.JPG

DSC02366 - コピー.JPG

DSC02359 - コピー.JPG

吉原家の棟梁を務めた黒田多吉によって製作されました。
“大川木工”の伝統の技の結晶。

土間の直径約1mの鴨居にも目を見張ります。
※大川観光協会HP参照

posted by 理乃 at 16:27| Comment(0) | 福岡県大川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: