2016年08月23日

千代町逍遥

仕事帰りに千代町の飢人地蔵のお祭りに寄ろうとしましたが、
残念ながら明日からでした。
せっかく車をとめたので、周りを少しぶらぶらしてみました。

DSC_1712 - コピー.JPG

1732年から1734年にかけて起こった「享保の大飢饉」。
博多の人口(約2万人)の約3分の1(約6千人)の方々が亡くなられたそう。
「千代飢人地蔵尊」では8月24日に供養が行われています。

その左手に「法性寺(ほっしょうじ)」がありました。

DSC_1702 - コピー.JPG

今までさんざん前を通っているのに、入ってみたのは初めて。
大きなお寺だったので驚きました。
ここは日親上人が法華経を布教するために
博多市小路(現在の蔵本交差点から北側あたり)に創立した西国最初の霊場。
戦火で焼けたため、秀吉の町割りで蓮池町(現中呉服町妙典寺の南隣)に移転再建。
でも明治43年(1910年)に市内電車が開通する際、
現在地にさらに移転することになりました。
山門入って左手が本堂。

DSC_1719 - コピー.JPG

正面は納骨堂。2階部分が蓮池町から移築したもの。

DSC_1714 - コピー.JPG

本堂前にそれはそれは見事な枝垂桜の木がありました。
来年の春は必見です!

蒲鉾屋さんを見つけましたが、これが美味!

DSC_1726 - コピー.JPG

チーズ天が美味しくてファンになりました。
蒲鉾屋さんから昔の置屋の建物があると教えてもらいました。
探してみるとありました!
うーん。これは。。。風情ありすぎ。

DSC_1731 - コピー.JPG

かろうじて残る古い博多の町。
室町時代からの記憶がここに残っているからこそ、
大事にしたいです。
posted by 理乃 at 22:29| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: