2016年09月06日

2016.8.25大浜流灌頂の夜E厳島の戦い

大浜流灌頂武者絵の読み解きです。
厳島の戦いは1555年10月16日、
厳島での毛利元就と陶晴賢(すえはるかた )との合戦です。

DSC02524 - コピー.JPG

陶氏は周防国守護代の大内家の重臣。
陶晴賢はその武勇で西国無双の侍大将と言われました。
でも独善的な性格が災いして大内家中で孤立。
果ては抑え込もうとした当主・大内義隆を討ち支配者に。
ところが同盟関係にあったはずの毛利元就に反旗を翻されます。
毛利家を討とうとしましたが、厳島にて敗北して自刃。
享年35。
この武者絵には毛利元就らしき人物の姿はありますが、
陶晴賢はおらず、間者がとらえられているようです。
posted by 理乃 at 21:33| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: