2016年10月26日

2016.10.22−24沖縄:再会の旅@喜吉さんのお墓参り

「ホテルゆがふいん」での会食のあと、
オブリ家(カナさんの一族)の人々はカナさんのお父さんの喜吉さんのお墓参りをしました。
オオシマゼミが鳴く墓地、
そのお墓は沖縄特有の形をしていました。

DSC02901 - コピー.JPG

カナさんは喜吉さんのお墓の前で祈っていました。
あとで聞いたのですが、
この時、カナさんが喜吉さんに語りかけると、
喜吉さんは背を向けたそうです。
そして悪いことが起こるけど、それは心配しなくていいと言ったというのです。

DSC02897 - コピー.JPG

カナさんの妹のオディルは涙が止まらず、
おじいさんのお墓に取りすがっていて、
その姿を見て、わたしたちも胸がいっぱいになりました。
戦争で引き離された家族。
生きて会うことは叶わなかったカナさんと喜吉さん。
喜吉さんの魂はここにあり、今でも娘のことを心配しているのでしょうか。
わたしは沖縄の人々とニューカレドニアの人々の家族を思う強い気持ちを感じていました。
posted by 理乃 at 21:45| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: