2016年11月03日

2016.10.22−24沖縄:再会の旅F古我知焼

民泊の仲村さんは、すてきな窯元へ案内してくれました。
古我知焼(こがちやき)です。

DSC02959 - コピー.JPG

喜納(きな)・知花(ちばな)・湧田(わくた)・宝口(たからぐち)などと共に、
沖縄の古窯のひとつ。

DSC02960 - コピー.JPG

1800年代初めから途絶えていたものを、
1974年に仲宗根隆明さんが登り窯を構えて復興しました。

DSC02967 - コピー.JPG

今では仲宗根さん夫妻と娘の志野さんの三人でで暮らしの器を生み出しています。

DSC02961 - コピー.JPG

お邪魔した窯元にはあふれるほど作品が展示されていました。

DSC02968 - コピー.JPG


日々使える器がいっぱい。
渋さ加減もいいし、色彩もいい。

DSC02971 - コピー.JPG

小さな器から大きな器まで、いいものがたくさん並んでいました。

DSC_2677 - コピー.JPG

DSC02963 - コピー.JPG
これは骨壷


※沖縄CLIP参照
posted by 理乃 at 00:23| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: