2017年04月27日

『クアトロ・ラガッツィ』若桑みどり

こんな素晴らしい労作は久しぶりに読んだ。
クアトロ・ラガッツィ。イタリア語で4人の少年という意味。
その4人の少年とは天正時代少年使節として大海を越え、
ローマ教皇に謁見して帰国した天正少年使節のことだ。
この本は少年たちの旅の行程よりも、その時代背景に多くを割かれている。
彼らはようやく上巻の終わりになって船出するのだから。
信長、秀吉、家康の戦国時代におけるキリスト教布教の歴史。
その丹念な調査に脱帽する。しかも女性の観点からだ。
この本のテーマは
「人類は異なった文化のあいだの平和共存の叡智を見出すことができるのだろうか。
それとも争い続けるのだろうか?」だ。。

興味深いエピソードが次々に展開する。

1549年。ザビエルが鹿児島に着いて三年後、
一攫千金を夢見る27歳のポルトガル人、アルメイダが長崎に上陸。
ところが日本で全財産を投げ打ち貧者を救済して天草で亡くなった。
彼は日本最初の病院の設立者。間引きの習慣を見て孤児院も作った。
昨年の今頃、長崎の横瀬へ行ったとき、土地の方々はアルメイダのことを語った。
日本人の多くが知らなくても、彼が赴いた先では忘れられていない。
彼は愛されていたのだ。

当時の人々は貧しかった。だからキリスト教伝道後、
九州の全人口の30%もが信者になった。宣教師たちが貧民救済を行ったからだ。
仏教には貧乏や病気は前世の悪行の結果だという考え方があったが、
キリスト教は本人に罪はないと言った。
最澄も空海も女人禁制の聖地を作った。
すべての人が救われるのが宗教のあるべき姿ではないのだろうか?
キリスト教もイブの存在は女性蔑視だ。

神の国を築こうと日向に侵攻した大友宗麟。彼の夢は耳川の敗戦で散った。

少年たちの渡欧を提案したのは開明的な宣教師ヴァリリャーノという人だった。
彼は日本人の礼儀正しさと謙虚さと理解力をとても評価していた。
ヴァリリャーノはその名が示すように人文主義的な思考の持ち主のイタリア人だった。
王家につながる貴族の出て、波打つ髪と印象的な美しい目、
背は高く堂々とした体躯だったという。
ヴァリリャーノは日本人の優秀さを知り、学校を作った。
未来へ向けて種まきをしたのだ。
1580年には15万人の信者がいて、200の教会があって85人の神父がいたという。
日本人の資質を見抜いたヴァリリャーノは日本の布教を支援してもらうために
ローマ教皇に使節を送ろうと考えたのだ。
日本キリスト教の絶頂期に日本へ来て、使節を連れ去ったヴァリリャーノ。

1582年(天正10年)、大友宗麟・大村純忠・有馬晴信は4人の少年を送り出した。
大友宗麟の名代として伊東マンショ(主席正使)。
大村純忠の名代として千々石ミゲル(正使)。
副使として中浦ジュリアンと原マルティノ。
8年にわたる旅を終え、帰国したときに生きていたのは有馬晴信だけだった。
ラテン語とイタリア語とポルトガル語を解し、楽器も演奏した聡明な少年たち。
けれど帰国後の運命は壮絶だった。
伊東マンショ、中浦ジュリアン、原マルティノは勉強を重ね司祭になった。
伊東マンショは1612年に長崎で力尽きて病死。千々石ミゲルは棄教。
中浦ジュリアン1633年に長崎で穴づりで殉教。
原マルティノは1629年、追放先のマカオで死去。
彼らは世界への扉を閉ざした当時の政権によって素晴らしい体験を押し殺された。
でも彼らは信じる道を生きようとした。

ここで作者の言葉に目頭が熱くなる。
「人間の価値は社会において名前を残す傑出した人間になることではない。
それぞれが自己の信念に生きることである」
「どのような神を信じようとも、みながともに生きられる世界こそ、
ほんとうにわたしたちが望む世界である」

膨大な資料の中から歴史の真実を読みといていこうとする
作者の立ち位置に共感することしきり。
軽く海外へ行く時代、このような重い使命の中で命をかけて出国し、
その後の運命の中で真摯に生き抜いた少年たちだいた。
示唆するものが多い名著。
機会があったらぜひ読んでほしい。

クアトロ・ラガッツィ (上) 天正少年使節と世界帝国  (集英社文庫) -
クアトロ・ラガッツィ (上) 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫) -

クアトロ・ラガッツィ 下―天正少年使節と世界帝国 (2) (集英社文庫 わ 13-2) -
クアトロ・ラガッツィ 下―天正少年使節と世界帝国 (2) (集英社文庫 わ 13-2) -

posted by 理乃 at 12:06| Comment(2) | ★図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ご無沙汰してます。
2016年04月02日の理乃さんの記事に
コメントした時に、この本を推薦しました。
読んで頂いてありがとうございます。
Posted by mats at 2017年04月27日 20:28
matsさま

ご推薦ありがとうございました!
おかげでやっと読む機会ができました。
素晴らしい著書ですね。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 理乃 at 2017年05月13日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: