2017年06月04日

千代森神社

妙見交差点の地図を見ているとき、いつも気になっていた千代森神社(博多区千代)。
仕事で前を通りかかったので寄ってみました。

DSC03999 - コピー.JPG

中にはお稲荷さんと
妙見菩薩、天御中神、北極星を祀った北辰宮、
菅原道真を祀った二十五社天満宮があります。
妙見という地名の由来は妙見菩薩から来ていたのですね。
ふーむと納得。
今も、妙見交差点は六角となっていてますが、
昔は7本の道が合流して七ヶ辻と呼ばれていたそう。
一歩中に入るにはミニサイズの太鼓橋を渡りますが、
川はありません。

DSC03998 - コピー.JPG

由緒書きによると鎌倉時代は松の木以外の樹木が一本もない
「千代の松原」という風光明媚な海岸だったそう。
千代という地名もここからきているのでしょう。
領主が社殿を建てて地主神として「妙見様(北極星)」をお祀りしたのが興り。
戦国時代は大友氏の戦乱で社殿は焼失。
元禄時代、福岡黒田藩の奉行、平井勘太夫重勝の頃、社殿を再興。
宝永年間に稲荷神社を建て妙見社は相殿に祀られるようになりました。
二十五社天満宮は、博多中石堂町(現在の中呉服町)にあったのを幕末に移され、
大正4年、周辺にあった小社を合祀して千代森神社になりました。
このあたりの歴史がぎゅうっと詰まった神社でした。

お稲荷さんの狛狐は摩耗もあってか忠犬のような感じ。

DSC04002 - コピー.JPG

欠けている部分は補修されて、大事にされています。

DSC04004 - コピー.JPG

右手に参拝用の駐車スペースあり。
posted by 理乃 at 11:47| Comment(0) | 福岡市博多区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: