2017年08月25日

鳥飼八幡宮

昨日行った鳥飼八幡宮の歴史は古いです。

DSC_3660 - コピー.JPG

神功皇后が新羅から戻って着いたのが姪浜。
そこから鳥飼村平山へ行きました。
村長はじめ鳥飼氏一同が御膳を差し上げたところ、
皇后はたいへん喜び、
胎内の皇子(後の応神天皇)の将来を祝ってこの地に泊まりました。
後に村長になった人の子孫が神功皇后ゆかりの地に御社を建て、
「若八幡」と名付けて祀ったのが鳥飼八幡宮の由来。

DSC_3667 - コピー.JPG

社殿前には千年蘇鉄があり、
神功皇后の従者だっ武宿禰が旅の安全と神功皇后の御子の無事な出産を祈願されたこの地から
蘇鉄が生えたと伝えられています。

DSC_3675 - コピー.JPG

武内宿禰は400年生きたという伝説があり、
この蘇鉄のところで長寿を願うと長生きできると伝えられています。

楼門の狛犬と随身が立派です。

DSC_3662 - コピー.JPG

DSC_3666 - コピー.JPG

DSC_3669 - コピー.JPG

DSC_3671 - コピー.JPG

境内にある武内大臣と鳥飼黒主(鳥飼氏始祖)を祀った
黒殿神社の狛犬は小さいながらなかなかのもの。

DSC_3684 - コピー.JPG

出雲タイプでしょうか?
阿形は前足が折れているようでおじぎしています。

DSC_3683 - コピー.JPG

不老水もあります。

DSC_3679 - コピー.JPG

※鳥飼八幡宮HP参照
※車は明治通りから境内に乗り入れ可能です。
posted by 理乃 at 14:19| Comment(0) | 福岡市中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: