2018年04月06日

懐良親王法要の旅B 懐良親王御墓所

懐良親王命日法要が終わったあと、お墓を訪ねることになりました。
大円寺の背後の大明神山という山の上にあります。
麓から車で上れますが、
上ってきたことを後悔するようなくねくねした細道をひたすら進みます。
車幅が狭く、ガードレールもないので、
転落しそうでスリル満点。
途中、星野村が見渡せるビューポイントもあり、
すがすがしい眺めを楽しめます。

DSC05096 - コピー.JPG

行き当たったところに空間があり、車を止められます。

DSC05094 - コピー.JPG

左手に行くと旗があり、
右手に行くと墓所があります。

DSC05091 - コピー.JPG

なんと先客が一台。離合しなくてよかった。
そして先客は星野姓の方でした。
わたしたち一行にも星野姓の方が。
離散した星野一族が相まみえる命日法要のときなのです。

DSC05083 - コピー.JPG

大宰府に征西府を置いた懐良親王。
その時代、明国からは日本を代表する機関と見られていました。
吉野を立ち、瀬戸内海の小島、薩摩、熊本、大宰府、
久留米、星野と、各地を移動し、戦いに明け暮れた人生は稀有なもの。
山の上のお墓は訪ねてくる人は少ないけれど、
星野村の方々、顕彰会の方々で今もしっかり守られていました。
posted by 理乃 at 11:24| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: