2018年04月11日

懐良親王命日法要の旅E源太窯

充実していた懐良親王命日法要の旅のラストです。
最後は源太窯へ。

DSC05117 - コピー.JPG

なんてすてきなたたずまい。
今回は登り窯を見せていただきました。

DSC05126 - コピー.JPG

DSC05125 - コピー.JPG

DSC05131 - コピー.JPG

なみだ壺。

DSC05133 - コピー.JPG

花びら。

お茶を出してくださった器は源太さんが再興した夕日焼き。

DSC05135 - コピー.JPG

お茶を注ぐと、器が金色に輝きます。

DSC05127 - コピー.JPG

夕日焼きの釉薬が入った壺も見せていただきました。
出していただいたお菓子もとても美味しいもの。

DSC05139 - コピー.JPG

伊賀上野の「さまざま桜」。
「さまざまのこと思ひ出す桜かな」と、
芭蕉が花見の宴で詠んだ句にちなんだ干菓子。
上品で美味しい。
桜の時期にこのお菓子なんて、すてきすぎるセレクトです。

DSC05141 - コピー.JPG

お手製の梅も。

星野の地に息づく文化の香りする場所です。
ラベル:懐良親王 源太窯
posted by 理乃 at 14:05| Comment(0) | 福岡県八女市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: