2018年06月19日

2018.6.6糸島の観世音寺荘園を訪ねる旅C 興福寺

戒壇院は近世に入って博多の禅寺が管理するようになりました。
そこで律宗と禅宗の確執が生じ、
律僧は興福寺に隠居。
興福寺にはその位牌があります。
興福寺は戒壇院の唯一の末寺で、隠居寺でしたが、
18世紀後半に戒壇院との本末関係はなくなりました。
現在の 興福寺は雷山千如寺(真言宗)の末寺です。

DSC06313 - コピー.JPG
大師堂

空襲で本堂は被災。被災後の本堂を移築したのが今の大師堂です。

DSC06326 - コピー.JPG
戒壇院と同じ碑

DSC06317 - コピー.JPG
戒壇院の延命地蔵尊と同じタイプのお地蔵さま

DSC06319 - コピー.JPG
大師堂の御本尊

DSC06321 - コピー.JPG
隠居した和尚たちの御位牌

本尊左側の十一面観音立像が美しいと思いました。

DSC06324 - コピー.JPG
十一面観音立像

これは戒壇院から隠居してきた運照律師が
仏師正慶(照慶)を京都から招き、
1717年に奈良長谷寺の十一面観音像の姿を模して、
当地の樟材で造らせたものだそうです。

◆興福寺:糸島市香力190

posted by 理乃 at 11:47| Comment(0) | 福岡県糸島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: