2018年07月28日

2018.6.6糸島の観世音寺荘園を訪ねる旅K 国史跡 新町支石墓群

志摩新町の引津湾そばの「新町支石墓群」は
糸島が古代から栄えたところであることを実証します。
弥生時代のお墓が57基も出土しました。

DSC06405 - コピー.JPG

人骨は縄文人の特徴があり、
磨製石鏃が刺さった状態の人骨もありました。


DSC06411 - コピー.JPG

DSC06415 - コピー.JPG


弥生時代の社会が分かる重要な遺跡ということで
平成12年に国史跡に指定。
隣接する御床松原遺跡から出土した貨泉と共に
平成15年、福岡県有形文化財に指定されています。
※支石墓:ドルメン。大きな石を数個の支石で支える墓。

DSC06420 - コピー.JPG
糸島富士(可也山)とチガヤ

DSC06421 - コピー.JPG
ヒメジョン
posted by 理乃 at 23:47| Comment(0) | 福岡県糸島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: