2018年07月29日

2018.6.6糸島の観世音寺荘園を訪ねる旅L 西林寺

ついに「糸島の観世音寺荘園を訪ねる旅」のラストです。
志摩御床にある西林寺は観世音寺の49院の一つ。

DSC06456 - コピー.JPG

観世音寺の荘園だったこの地区で寺務に当たっていた宗顕が
退官後もこの地に留まり、惜しまれつつ亡くなったことから、
塚を築いて開かれたお寺。
恵心僧都源信の作と伝えられる国指定重要文化財の
木造阿弥陀如来坐像があります。

DSC06449 - コピー.JPG

DSC06426 - コピー.JPG

DSC06433 - コピー - コピー.JPG

DSC06439 - コピー.JPG

そして阿弥陀如来像の前に置かれた床鉄は、
観世音寺創建時に金堂本尊として中国から運ばれてきた
阿弥陀仏を置いていたものといわれます。

DSC06445 - コピー.JPG

観世音寺の阿弥陀仏は1586年の岩屋城の戦いのとき、
島津軍によって刀の鍔にされてしまったそう。
今はこの地に残された床鉄を見て、
その上にあった金箔を施された立派な阿弥陀仏を想像するのみです。

DSC06424 - コピー.JPG

境内にニワナナカマドが咲いていました。

ニワナナカマド - コピー.JPG
posted by 理乃 at 22:40| Comment(0) | 福岡県糸島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: