2018年09月21日

2018.9.19今村・秋月潜伏キリシタンの遺構を巡る旅A大刀洗町立図書館・郷土資料室】

大刀洗町立図書館には帚木蓬生氏の「守教」の手書き原稿が展示されていました。
二階の郷土資料室では「邪宗門一件口書帳」や
「ド・ロ版大版画(地獄)」などの潜伏キリシタン関係の資料を展示。
「邪宗門一件口書帳」はキリシタンの最も古い資料で、
1867(慶応3年 )に潜伏キリシタンの取り調べが行われ、
そのとき藩に提出した供述書の写しということ。
「ド・ロ版大版画(地獄)」は禁教令が解けたあと、
今村と長崎の信者の交流でもたらされたもの。
教会がない時代、信徒が集まった土蔵にかけられ、
地獄とはこういうものだと版画で教えました。
「ド・ロ版大版画(地獄)」は現在九博で修復中とのことです。

20180919_112328 - コピー.jpg
posted by 理乃 at 17:32| Comment(0) | 福岡県三井郡大刀洗町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: