2007年07月01日

絵本「扉の国のチコ」

黒いマントに黒い帽子の女の子。
そして扉と望遠鏡のイメージ。
魅力的な絵本の小道具です。

絵本「扉の国のチコ」。
   ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10GDGT+53DJ3M+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4066059%2F

上野紀子の挿絵は、
何となく60年代とか、古い時代を思い起こします。

著者は仏文学者の巌谷国士(いわやくにお)。
澁澤龍彦の友人です。

この絵本は詩人瀧口修造へのオマージュ。

ひとりぼっちの女の子、チコ。
チコは大好きな望遠鏡でひとつの扉を見つけます。
扉の向こうには何があるのか…。
読者はチコとともにシュールレアリスムの世界を旅します。



ラベル:絵本
posted by 理乃 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ★絵本コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック